もらっても贈っても嬉しい!ベビー用品のトレンドとは | ブランド品の買取ならエコリング

エコリング

ブランド品の感動買取ならエコリング

国内のトレンド

もらっても贈っても嬉しい!ベビー用品のトレンドとは

【2016/12/22】

赤ちゃんが産まれるというのは、家族にとっても周囲の人間にとっても喜ばしいイベントです。そのハッピーな出来事をより彩るのは、お祝いなどでやり取りされるベビー用品でしょう。ではどんなものが喜ばれるのか、パターン別にそのトレンドを見ていきましょう。

どうせ贈るなら、喜ばれる出産祝いを

出産祝いは何を渡せばいいのか迷ってしまうという人も多いですが、基本的には「ママがもらって助かるもの」が一番です。
近年の定番となっているのがおむつケーキです。ケーキを模したおむつのプレゼントですが、紙おむつはいくつあっても困らないものの一つですので、大きく外すということはまずありません。赤ちゃんはすごい勢いで成長しますから、紙おむつは足りなくなることはあっても余って邪魔になるということはあまりないからです。
また、ベビー服やスタイなどの小物などもやはり喜ばれるようです。あっという間にサイズが小さくなって着れなくなってしまうので、ベビー服は自分で買うより頂き物のほうが助かるというママは少なくありません。
すぐには使わなくても少し成長したら必ず使うようになるであろうおもちゃ類も、また定番のお祝いです。こちらは最近では赤ちゃんが口に入れても安全なように、自然素材のものが主流となっています。

トレンド・ベビー用品1

内祝いだって喜んでもらいたい

出産祝いのお返しである内祝いについてもあれこれと選択肢は存在しますが、実はそれほどあれこれ迷う必要はないようです。というのも、赤ちゃんが使うものを贈る出産祝いとちがい、内祝いはあくまでも大人へ贈るものですので、それほど凝ったものを贈るという人はあまりいません。
もちろん、時間と手間をかけて個性的な内祝いにする人もありますが、一番喜ばれるのはやはり商品券やギフトカードなどの金券です。それならその後の融通が利きますし、趣味に合わないということもありません。同じような意味合いではカタログギフトという方法もあります。こちらもカタログの中から自分が気に入ったものを選べますから、トラブルは少ないです。
とはいえ、やはり誰にも真似できないようなアイデアで喜んでもらいたいと、ベビーの顔がプリントされたカップやタオルなどを贈るという人もいます。中にはパッケージにベビーの顔が印刷されたお米などもあるようです。

トレンド・ベビー用品2

新生児ママだって、こだわりたい

新生児のママにとっては、何もかもが初めてづくしで戸惑うことだらけの育児スタートでしょう。思い通りにいかないこともたくさん起こりますし、時にはイライラしてしまうこともあるかもしれません。そんなとき、少しでも便利なものを見つけておくというのも負担の軽減方法の一つです。
また、どうせなら自分の趣味に合ったおしゃれなベビー用品を揃えるというのも、癒しの方法と言えます。近年ではベビー用品も一工夫付随したようなグッズが増えています。哺乳瓶一つとっても、ただ赤ちゃんがミルクを飲むだけではなく、母乳を飲むときの舌の動きを研究して作られた哺乳瓶など、赤ちゃんにとってもママにとってもストレスが軽減できるものがあります。
また、外出時の授乳にも対応できる授乳服やクッション、汚してもすぐに捨てられる使い捨てのスタイなど、様々な工夫が施されたベビーグッズが溢れています。自分の育児にフィットしたものを見つけて、少しでも楽しい育児ライフを送りましょう。

tweetする
@ecoring38さんをフォロー
シェアする