リユースとリサイクルの違いって? | ブランド品の買取ならエコリング

エコリング

ブランド品の感動買取ならエコリング

お手入れ・保管

リユースとリサイクルの違いって?

【2015/08/25】

001

最近 リサイクルとリユースと言う言葉をよく耳にしますが
このリサイクルとリユースの違いについて、少しご説明させて頂きます。

リサイクル(Recycle)は、形状を変えて再度しようする事です。
ペットボトルからフリースを作ったり、段ボールなどから再生紙を作ったり、エンジンや機械類の素材であるアルミや鉄を一度溶かして新たな製品を作ったりする事です。

一方、リユース(Reuse)は、そのままの形状で再度使用する事です。
フリマやオークションで古着を買ったりすることで
エコリングが行っている事は、このリユースに該当します。

リサイクルもリユースも同じ価値観として
「ゴミをできるだけ出さない社会」が共通のポイントになっています。

「ゴミをできるだけ出さない社会」として 「3R」とか「5R」と言う言葉があります。
3Rとは、
Reduce(リデュース)ゴミを減らす
Reuse(リユース)再利用する
Recycle(リサイクル)再び資源として利用するの3つの英語の頭文字を表したものです。

5Rは 3RにRefuse(リフューズ)不要なものを買わない
Repair(リペア)修理して長く使い続ける を加えた言葉になります。

これらの活動のなかで、エコリングではリユース事業と
エコリングリシャインでリペア事業に取り組んでいます。

これからも少しでも多くのリユースを体感して頂くために取り組んで参ります。

tweetする
@ecoring38さんをフォロー
シェアする