2014/06/12

カルティエ 婚約指輪 カラット


イギリスの王室を皮切りにヨーロッパの多くの王室でご用達となっているジュエリーブランドのカルティエ。そのカルティエの中でも婚約指輪の人気は高いです。婚約指輪については、台座の上にのる鉱石のカラットの大きさや宝石のカットによって値段などに影響します。カルティエの婚約指輪の良さについてカラットとの関係についてまとめてみました。

また、カルティエの婚約指輪はアメリカ宝石学会により評価された4C基準をクリアしています。それゆえ、カラットについても最高級品と言われるものです。デザインによってついているダイヤモンドの数は異なりますが、やはり台座上の大きなダイヤモンドのカラットが大きければ大きいほど値段は高いです。一番クラシカルなソリテールリングでおよそ0.3カラットのダイヤモンドが使用されています

さらに、一般に用いられているのがブリリアントカットと呼ばれるカットのダイヤモンドが使われています。カルティエの婚約指輪では、さらにカラット以外で値段に関わるものとしては、台座となる部分がプラチナかゴールドかがあります。ゴールドにはイエローゴールド・ピンクゴールドがありますが、若干プラチナの方が値段が高い傾向にあります。