エコリング

ブランド品の感動買取ならエコリング

エコラム エコラム

リサイクル・ライフスタイル・ファッション等、様々な情報を発信! リサイクル・ライフスタイル・ファッション等、様々な情報を発信!

2020.2.27

エコでおいしい!“LOLISTRAW(ロリストロー)”で地球に優しく

エコでおいしい!“LOLISTRAW(ロリストロー)”で地球に優しく

カフェなどに行くと、冷たい飲み物に必ずついてくるプラスチック製のストロー。普段何気なく使っているものですが、実はこのプラスチック製ストローが地球へ深刻なダメージを与えているのです。
人気カフェチェーンなどでも、プラスチック製ストロー廃止の流れが急激に加速。その影響を受けて開発されたのが、これからご紹介する「LOLISTRAW(ロリストロー)」です。
今回は、ロリストローがなぜ地球にやさしいのか、なぜ注目を集めているのかにスポットを当ててご紹介します。

プラスチック製のストローが世界から消える!?

プラスチック製のストローが世界から消える!?

冷たい飲み物をオーダーすると、カップにはだいたいプラスチック製のストローが刺さっていますよね。今はテイクアウトできるお店が増えたこともあって、1日に1本以上ストローを利用するという人も少なくありません。 そうなると、必然的に増えるのがストローのゴミ。飲み終わったあとにきちんとゴミ箱へ捨てる人が大半なはずだし、カップやフタにもプラスチックが使われている…なぜこれほどまでにストローのゴミだけ注目を浴びているのでしょうか。

「ストローはゴミ箱に捨てても細かくて細長いという形状から、リサイクルされにくい」というもの。ペットボトルなどもプラスチックで作られている“物”ですが、基本的にはリサイクルを促すような流れができあがっています。 けれどもストローをリサイクルするまでには、ゴミの回収・リサイクルに関するシステム作りから始める必要があり、それらが構築されるまで、かなりの工程が必要になること。これが、プラスチック製ストローのゴミが海洋汚染につながる要因となっているのです。
それなら、プラスチック製ストローをなくしてしまったほうが手っ取り早いのではないかということで始まったのが、廃止運動。飲食店業界でもプラ製ストローの使用を制限するところが増え、台湾では使用自体を禁止するような法案が打ち出されました。

この流れを受けて生み出されたのが、プラスチックに変わる材料で作られたストロー。今回ご紹介するロリストローも、プラスチック製ストローによる海洋汚染をなくすべく、開発された次世代ストローなのです。

エコでおいしい!ロリストローって何?

年間なんと800万トンに及ぶプラスチックゴミが、世界中の海に流出しているのを知っていましたか?プラスチック製のストローは、細かく粉砕されても自然界に戻ることができないという難点があります。
目に見えないほど細かい状態になっても、自然に返ることができなければどんどん蓄積されていくだけ。「マイクロプラスチック」という存在になり、生態系を崩す要因にもなっています。
深刻なストローごみの問題に一石を投じるべく開発されたのが、使用後に食べることができる「LOLISTRAW(ロリストロー)」。海藻をベースにした素材でできており、飲み物がなくなったあとはストローごと食べてしまえるという画期的なアイテムです。
食べられるような素材が使われているなら、飲み物に入れてしまうと溶けてしまいそうな印象を受ける人もいることでしょう。ロリストローは、飲み物の中に最長24時間ほどつけても溶けないよう加工されているのが特徴。プラ製のストローとほぼ変わらない使いやすさなので、ユーザーにとっても特にデメリットとなるようなポイントはありません。
ちなみにストローのフレーバーは、バニラ・柑橘・ヘリオトロープ・スパークリングオーシャン・ローズクォーツ・炭・空気の7種類。カラフルな見た目も、若者を中心に人気を集めそうな予感です。

食べきれなくても土に返るとことん地球想いなストロー

食べきれなくても土に返るとことん地球想いなストロー

食べられるとはいえ、“ストローを食べるのはちょっと抵抗が…”という人や、“食べられないときは結局ゴミになるの?”という疑問を抱く人は少なからずいるもの。ロリストローは、食べきれなかったときでもゴミにならないのが、最大のポイントです。
ロリストローは、“ストロー=ゴミ”という概念を根底からくつがえす存在。食べきれなかったとしても、土に返して植物の肥料にしたり、“嫌気性処理法”という手段を使って機械の燃料にしたりと、いろいろな選択肢のあるストローなのです。
生ゴミと同じレベルにまで分解されるので、安心して使うことができます。

未来の地球を守るためにもロリストローを活用しよう

何気なく使っているものが、実は地球を苦しめる要因になっていたというのはよくあること。それに気づいて、地球にやさしいアイテムに置き換えていくことが、今の私たちにできる未来の地球を守る行動です。
ロリストローのように、地球と共存できるようなアイテムを取り入れて、地球の寿命を延ばす手助けをしていきましょう。

tweetする
@ecoring38さんをフォロー
シェアする
記事ランキング