ブランド品の感動買取ならエコリング

Column

エコリングの活動

社員インタビュー企画 Vol.02「届け!”電車”への熱い思い」– 宅配買取部:西依靖泰さん

2020.11.9

社員インタビュー企画 Vol.02「届け!”電車”への熱い思い」– 宅配買取部:西依靖泰さん

エコリング社員に好きなことを熱く語ってもらうインタビュー企画の第2弾。
今回は宅配買取部の西依 靖泰さんにお話しを伺いました。
息子さんが熱中している電車を一緒に追いかけているうちに自身も好きになってしまった西依さん。 そんな家族想いな西依さんのほっこりエピソードをお届けします!

休日は家族揃って電車尽くし!

小3の息子は幼稚園の頃から電車なら地下鉄でもモノレールでも新幹線でもなんでも好きで、 さらには昔の「国鉄103系」から最近の「近鉄ひのとり」まで年代も幅広く好きなんです。 どこから情報を仕入れてくるのか、新型車両が出たときなんかは連れて行って!と言われますね。

そんな息子と電車好きに洗脳されつつある妻と私の3人で、この間は関西の自宅から関東に旅行に行ったのですが、ずっと電車尽くしでした。 行きは新幹線の「こだま」で、東京に着いてからは東京→上野 上野→大宮の2区間を緑や赤、二階建ての新幹線に乗りました。 それで一日が終わり、もう一日は埼玉の鉄道博物館に一日中いました。 そして帰りは寝台列車の「サンライズ」!電車で寝るのは疲れが取れにくいけど夜の街を眺めながらの走行は綺麗で良かったです。

interview_02_2

interview_02_3 interview_02_4

部屋中プラレール

息子は家ではプラレールでよく遊んでいるのですが、全然片付けないんですよ。 だから部屋中がプラレールで埋め尽くされてて、よく妻に怒られてます。 全部で段ボール3つくらいの量があるんですけど、 その中の2つ分くらいエコリングの社員購入で一気に買ったら私も怒られましたね(笑)

家といえば息子が欲しいって言った電車のつり革も買ったんですよ! 今は家の天井につけて遊んでます。

息子と私が電車好きになったきっかけ

息子が電車好きになったきっかけは、恐らく当時の家がJRの駅のめっちゃ近くで絶えず見てたから好きになったんでしょうね。 ただ、国道も近かったので車にはまらなかったのは不思議なんですけど。

私が小さいときはミニカーとか車派だったんですけど、最近は完全に息子に影響されて電車派になっています。 今となっては電車がなかったら働いてないかもしれないと思うくらいで(笑) 毎日の通勤が楽しみなんですよ! 乗るときに車両番号(型番)を見て「今日は当たりの電車だ」とか「はずれの電車だ」とか思いながら乗ってます。 車両によって扉の閉まり方がちょっと違ったり、電車のモーターが違うから加速が違ったりとかそういうのが楽しくて、電車通勤は全然苦じゃないですね。

interview_02_5

息子の将来の夢は...

息子は電車絡みだと覚えが早いんですよ。 電車のおかげで都道府県を覚えられたり、時計の時刻が早く読めるようになったり、関西の駅の漢字も結構読めるようになってますね。 あと、時刻表も読めるようになって、快速や新快速が何分くらいで自分の駅を通過するとかの計算もできるようになってます。 ただ、電車関連以外では勉強はあまり覚える気がみたいです。

将来の夢は?って聞いたら「鉄道BIG4のメンバーになりたい!」って言ってました(笑) 鉄道について語り合う仲間が欲しいんでしょうね。 ※鉄道BIG4…中川家礼二さん、吉川正洋さん、岡安章介さん、南田裕介さんによる日本テレビ系バラエティー番組「笑神様は突然に…」のコーナーの一つ。



~筆者コメント~
息子さんのお話し中心でしたが、西依さんもかなり影響を受けて電車好きになっているようでした。 私も車より電車派で、旅行の行き帰りで電車を変えることや鉄道博物館に行ったことはありましたが、 電車に乗るときに車両番号を見るというお話しはびっくりしました。 今度電車に乗るときは私も車両番号や扉の閉まり方とかに注目してみたいと思います。 今回本文には載せられませんでしたが、店舗買取に携わっていたときはよくお話しだけしにいらっしゃるお客様や バレンタインにチョコを持ってきてくださるお客様もいらっしゃったなど、仕事中の心温まるエピソードもありました。

今後もエコリングのメンバーを紹介していきますのでお楽しみに!

【コピー品撲滅!】現役ブランドバイヤーが語る!ルイヴィトンの鑑定教えちゃいます♪パート②【エコリングTV紹介vol.18】

ツイートする ツイートする