ブランド品の感動買取ならエコリング

Column

エコリングの活動

社員インタビュー企画 Vol.08「届け!”YouTuber”への熱い思い」– 鑑定士:清水洸助さん

2021.1.6

エコリング社員に熱中している事を熱く語ってもらうインタビュー企画の第8弾。
エコリング上野マルイ店で鑑定士をしている清水洸助さんはプライベートでYouTuberをされているという事で始めたきっかけや、動画撮影のエピソードなどをお聞きしました。



YouTuberを始めたきっかけは何ですか?

もともと人を笑わせたりする事が好きでエンターテイナーになりたいと思っていたんですよ。
前に俳優をちょっとだけやらせてもらっていた時期があって 俳優を辞めた後に、何か笑いにつながる事ができないかな〜と思ってYouTuberをはじめました。

最初はお1人でやられていたのですか?

そうですね。最初は1人始めました。
1人でやると言っても動画編集とかいろいろと大変なので、自分だけで今すぐに出来ることは何だろうと思った時に、 歌ってみた系なら自分にも出来るなと思って始めました。
本当はダメなんですけど、カラオケの音源を使って投稿していました。
投稿してみたら、著作権に触れてますよって警告が来てしまったので 今は歌ってみた系はやっていないですね。

そこから2人で始めるようになったきっかけは?

たまたま友達にYouTubeで歌ってみた系の動画を上げているって話をしたら 手伝うよって言ってくれて、そこから歌ってみた系から今やっている企画に切り替えました。
仲のいい友達だったんですけど、一緒に動画を作ってみて馬が合わなかったのか 音信不通になってしまい、今は投稿がストップしているんですよね。
なので今後は別のチャンネルとして進めようか考えています。

鑑定士としてのスキルを活かした企画をやってみようとは思いますか?

あまり考えた事がなかったですね。 どっちかといえば、友達に飲みに行っている動画とかを思い描いていました。
友達と飲みながら交わすたわいのない会話だったりとか、僕らにしか作れない空間を 楽しんでもらえたらと思っていましたね。

YouTuberをやっていてよかった事、楽しかった事はありますか?

動画の内容が歌ってみた系から企画物に変わった時にチームができて やり方が変わった事ですね。こんな感じで撮りたいっていうアウトプットが出来るようになってYouTuberっぽい形になったと思います。
企画を考えて、撮影、編集して一つの動画が出来上がるのがすごく嬉しかったですね。 あとは、出来上がった動画を見てくれて、「編集すごい良かったよ!」って言われた事があって、 一緒にやっている友達が褒められているのが嬉しくて、やってて良かったなって思いましたね。
その一緒にやっていた友達とは音信不通になっちゃったんですけどね。

大変だった事や辛かった事はありますか?

友達と音信不通になって活動がストップしてしまって動画が撮れない事ですね。
みんなからは「何やってるの?」とか「早く出してよ」とか言われるのが辛いですね。 僕もやりたいんだけど、どうしたらいいだろうな〜って感じですね。

YouTubeで顔出しする事に抵抗はありませんでしたか?

全く無かったですね。 呑み会でみんなで笑って楽しんでいる所をそのままYouTubeの視聴者と共有したいと思っています。
自分がプライベートで楽しんだり、笑ったりしている事とYouTubeとの間に境界線がなくて 全然見られててOKって感じですね。それを非難するのも、肯定するのも皆さんの意見なので。

チャンネル登録者数や視聴数などの目標はありますか?

YouTubeで収入を得る為にはチャンネル登録者数で1000人と年間でトータル4000時間の再生が必要なので まずはそこが目標ですね。今はまだ登録者数は少ないですが 動画を上げる度に少しずつ増えていったので、地道にやっていきたいですね。

チャンネル登録者数が増えたらやってみたい企画はありますか?

映画のコピーとかやりたいです。僕がブルース・ウィルスになりきるとか、アルマゲドン撮っちゃうとかやってみたいですね。
映画まるごと1本再現したとか一番いいですね。お金もかかるので、ちょっとちゃっちい感じにしても面白いですね。 CMの再現もやってみたいですね。

YouTuberの魅力はなんですか?

一昔前の状況だと自分が表現したい事を発信する場すら無かったですよね。
今は自分のやりたい事をYouTubeを使って誰でも発信できる環境があるので それを使わない手は無いかなと思います。
継続していった結果、チャンネル登録数やいいねの数が増えたり 街中で声を掛けられたり、有名になれるチャンスがあるって所ですね。

動画を通して伝えたい事はありますか?

笑いを提供したいというのもありますし、 みんなも気持ち次第で何でも出来るんじゃないかなって事を伝えたいですね。
自分のように取り柄のない人間でも やろうと思えば何だって出来るんだよ。だから一歩踏み出そうよって事ですかね。



~筆者コメント~
今回、清水さんにお話をお伺いして 自分には無いものをたくさん持っている方だなと感じました。
自分で新しい事を始める行動力とカメラの前で堂々と振る舞えるメンタルが本当に羨ましいです。 もしよろしければ清水さんのYouTubeチャンネルを是非ご覧ください。

ポップコーンパークTB

社員インタビュー企画 Vol.07「届け!”筋トレとサウナ”への熱い思い」– 鑑定士:高橋あいさん

ツイートする ツイートする