ブランド品の感動買取ならエコリング

hermes

Column

ブランド品や商品について
ブランド品や商品について

エルメスの財布のメンテンナンスと修理依頼

エルメス – コラム
ブランド財布 – コラム
2016.12.17

毎日のように使う財布は、大切にしていても、時がたつとだんだん傷んできます。
しかし、プレゼントや自分へのご褒美だったら、そう頻繁に買い替えることはできませんし、できるだけ長く使いたいですよね。
そこで、個人でできるメンテンナンス方法と修理方法をご紹介します。

プロに頼んでお手入れ・エルメス・財布1

壊れやすい箇所

財布で一番多い修理箇所は、縫い目のほつれです。かぶせ財布や2つ折り財布は折り曲げる部分が傷みやすく、端はこすれて糸が切れてしまいます。
また、ファスナーも金具がとれてしまったり、開け閉めできなくなったりすることがあります。
エルメスではベロがあるタイプも多いのですが、端が毛羽立つなど劣化しやすい箇所といえます。生地はこすれて色が抜けていきますし、小銭入れの内部は汚れが付着しやすいです。
財布の外側と内側では色がまったく違うということもありえます。あまり劣化が進むと、エルメスの財布といっても人前に出すのが恥ずかしくなってしまいますね。

オーストリッチの場合のお手入れ

財布で一番多い修理箇所は、縫い目のほつれです。かぶせ財布や2つ折り財布は折り曲げる部分が傷みやすく、端はこすれて糸が切れてしまいます。
また、ファスナーも金具がとれてしまったり、開け閉めできなくなったりすることがあります。
エルメスではベロがあるタイプも多いのですが、端が毛羽立つなど劣化しやすい箇所といえます。生地はこすれて色が抜けていきますし、小銭入れの内部は汚れが付着しやすいです。
財布の外側と内側では色がまったく違うということもありえます。あまり劣化が進むと、エルメスの財布といっても人前に出すのが恥ずかしくなってしまいますね。

エキゾチックレザーの場合のお手入れ

エキゾチックレザーと呼ばれる爬虫類の革を使ったものに関しては、たとえ緊急だったとしてもあまり手を加えないほうが良いでしょう。
非常に繊細な素材ですので、エルメスの直営店などの専門的に修理を請け負ってくれるお店にお任せするのが一番です。
直営店にお手入れに出すと、フランスに空輸されてシリアルナンバーからその財布を製作した職人の手に渡されます。
そして職人自ら手入れをしてくれるので、時間はかかりますが、もっとも信頼できるコンディションで手元に戻って来るはずです。

エルメス販売店に修理を依頼

修理を依頼する場合は、まず買ったお店に問い合わせてみましょう。直営店では修理やクリーニングを受けつけてくれます。
ただし、あまり劣化が進んでしまうと、断られることもあります。エルメスでは、糸の1本1本までこだわりを持っているので、修理品はフランスへ送られ、完成までに何か月もかかることがあります。
また、1回でも他店が修理したものは受け付けてもらえない可能性があるので、注意が必要です。

プロに頼んでお手入れ・エルメス・財布2

修理の方法

縫い目のほつれはミシン目に沿って縫い直します。再びほつれないよう、強化してくれる業者もあります。
ファスナー自体が壊れているときは、取り外して新しいものを付け替えます。全体的な汚れを落とし、こすれている部分には補色をします。
ブランドロゴの金具は顔といってもいいくらい大事なものです。とれてしまった場合は、財布を分解してつけ直すこともあります。
エルメスの財布は、ファスナーの金具など、細かいところにも刻印が入っているので、修理時にそれを生かしてくれるかも重要です。
あまり安価な部品をつけられてしまうと、ブランド品としての価値が下がってしまいます。

まとめ

ブランド財布は日常の使い方、お手入れによってある程度長持ちしますが、劣化は避けられません。
自分でできる事、業者に任せた方が良いことを使い分けて、お気に入りの財布をぜひ長く使ってください。

プロにメンテナンスを頼むなら

エコリングリシャイン

エコリングリシャイン

大切な人からもらったけど使えなくなった、壊れてしまった、などのお品物のメンテナンスのご依頼をお受けし、それらのメンテナンスをしています。バッグ・財布・靴・時計・宝石・衣類(着物・毛皮)と幅広く受けており、これまでにないファッションのトータルメンテナンスが可能です。 エコリングリシャインのホームページはこちら

当店のエルメス取り扱いについて

全国展開100店舗以上!メディア紹介多数!
安心安全のブランド買取専門店「エコリング」ではアナタのエルメスを買取致します!
エルメス買取について
エルメス買取実績紹介

高級腕時計・エルメスのお手入れ方法

ツイートする ツイートする
TOP