ブランド品の感動買取ならエコリング

Column

ブランド品や商品について

女性のスタイルをリードするココ・シャネルの歴史

シャネル – コラム
2016.8.26

シャネルの商品知識1

常に女性のスタイルの先駆者として立つココ・シャネルの歴史と人気商品などをご紹介したいと思います。

シャネル創業

1909年、ガブリエル・シャネルがフランス・パリのカンボン通りに帽子専門店がオープンしたのが、ブランド「シャネル」の始まりです。
シャネルの美貌と女性として持っていたカリスマ性、活動的な性格、生き方など、自分自身がブランドの広告塔となり、ココシャネルとして親しまれました。
姉妹店を続々とオープンさせると同時に、オートクチュールや香水、アクセサリーなども手がけるようになり、順調に規模を拡大していきました。

ココ・シャネルという人物

シャネルの商品知識2

シャネルを作った、本名ガブリエル・ボヌール・シャネルはフランス南西部ソーミュールに生まれ、孤児院や修道院で育ちました。
修道院の規律正しい生活の中で、シャネルはお針子としての技術を身につけたようです。
ブランドにあまり興味のない人の中には、シャネルは保守的なデザインに見えることもあるそうですが、実はシャネルはココ・シャネルのとてもリベラルな思いから生まれたものなのです。
彼女は男性の既成概念にがんじがらめになっていたファッションの世界に、真っ向から勝負を挑み、オートクチュールの世界に新しい風を吹き込みました。
劇作家のジャン・コクトーや画家のパブロ・ピカソなどの芸術家達とも友人関係にあり、リスペクトされていたことからも、彼女がいかに自由な発想でトレンドを作り上げてきたかがうかがえます。
一度は引退するも、クリスチャン・ディオールなどの後続の才能に刺激されて70歳を過ぎてからモード界にカムバックしたことも、彼女のバイタリティを表すエピソードでしょう。

コルセットからの解放

ココ・シャネルは、自分が着心地の良いと思える服を作り、それを着こなしていました。
コルセットを着けることが当たり前だった時代、それを必要としない機能性重視のシャネルの服は、ひそかにコルセットから解放されたいと願っていた女性たちにとって待ちに待ったものであり、たちまち評判となりました。
その後、第一次世界大戦を迎えますが、機能性や実用性を兼ね備えたココ・シャネルの洋服は、留守を預かり軽装を必要とした女性たちにとって、とても便利な服装といえました。
コルセットを外して、スカート丈も短くした独創性あふれるココ・シャネルの発想力に、
受注量も増え、価格を上げても売り上げが伸びたことから自信もつくようになりました。

ココ・シャネルの栄光と挫折、その後の復活

順風満帆に見えたココ・シャネルでしたが、1929年から始まった世界恐慌により状況が一変しました。
女性も働かなければならない状況になり、シャネルでも数多くの女性労働者が働いていましたが、ココ・シャネルの冷淡な人格と劣悪な労働条件により、大規模なストライキが起こりました。
結局労働者たちとは和解しましたが、その後に勃発した第二次世界大戦により、店を閉じることになりました。
その後、15年間ファッション業界から遠ざかっていたココ・シャネルでしたが、1947年にクリスチャン・ディオールが発表した「ニュールック」がウェストをコルセットで締めた曲線的なデザインであったため、
これに憤慨したココ・シャネルは再びデザイナーとして復活しました。しかし時代はココを求めておらず、苦難の連続でした。
ココはそれにもくじけず、ツイードをスーツに仕立てたシャネル・スーツを考案し、またもや時代を掴むことになりました。

シャネルの代表作

「マトラッセ」
現在では当たり前のようのショルダーバッグを見かけますが、このショルダーバッグの形を生み出したのは実はココ・シャネルなのです。
1930年代、働く女性はハンドバッグを持ち歩いていました。
そんな中、ココ・シャネルは肩からかけることで両手が使えて自由になると思いつき、その後「マトラッセ」のチェーンショルダーが生まれました。
ほかにも、ココ・シャネルは女性の極度に締め付けるコルセットや、動きにくい裾の長いドレスというファッションに疑問を抱いていました。
そこで当時男性の労働服であったジャージーを女性の洋服の素材に使用したのです。
ウエストに余裕のあるAラインやIラインのドレスを初めて発表したのもココ・シャネルです。

「シャネルの5番」
1921年に初めて発売した香水で、大ベストセラー商品となりました。現在もこのブランドの顔として現代的な女性が利用できる香水として選ばれた香りです。
試作品としてNO.1~NO.5とNO.20~NO.24までの2シリーズを調香し、ココシャネルが選んだのがNO.5。
調香師のエルネスト・ボーが調香してきたいくつかのサンプルの中から、ココ・シャネルが選んだ「5」の番号が付けられたボトルでした。その後そのまま「NO.5」と名付けられたのです。
この香水はココシャネルの5回目のコレクションで発表する事になり、名前もそのまま「シャネル・NO.5」にし、発表の日も5月5日と「5」にこだわったという話は有名です。
世界で最初に合成香料を使用した香水としても知られています。
この香水のすごいところは、90年前の発売なのに、未だ現役売れている、というところです。様々な著名人にも愛されています。
貴金属もシャネルは他の追随を許さないトップランナーです。
主にファッションやコスメがフォーカスされることが多いシャネルですが、貴金属も絶大なる人気があります。カメリアやココクラッシュ、コメット種類も豊富です。
昨今ではヴィンテージ人気も相まって古今問わずアクセサリーの人気が高まってきています。

長年愛させるシャネルの本質

ココ・シャネルが残した言葉の一つに「ファッションは移り変わるけれど、スタイルは永遠」というものがあります。
そこには、ココ・シャネルが創立当初から貫いている古い価値観にとらわれない女性像という、ブランド創立から変わらないコンセプトを表す言葉と言えるでしょう。
喪服でしか使用しなかった黒というカラーを使ったり、男性下着にしか使われなかったジャージ素材を使ったりと、シャネルは創立当初からこれまでの常識を壊してきました。
新しいトレンドも取り入れつつ、それでも絶対に揺るがない確固たるシャネルブランドのスピリットが、全てのシャネルアイテムに込められているのです。
世界中に存在するシャネルファンは、そのスピリットを肌で感じ、魅了されているからこそ、シャネルというブランドは愛され続けるのです。

当店のシャネル取り扱いについて

全国展開100店舗以上!メディア紹介多数!
安心安全のブランド買取専門店「エコリング」ではアナタのシャネルを買取致します!
シャネル買取について
シャネル買取実績紹介

日本と関わりが深い海外ブランドであるヴィトンの歴史

ツイートする ツイートする
TOP