ブランドバッグの金字塔、エルメスの人気の秘密 | ブランド品の買取ならエコリング

エコリング

ブランド品の感動買取ならエコリング

エコラム エコラム

リサイクル・ライフスタイル・ファッション等、様々な情報を発信! リサイクル・ライフスタイル・ファッション等、様々な情報を発信!

ブランド品

2016.10.18

ブランドバッグの金字塔、エルメスの人気の秘密

数あるブランドバッグの中でも、世界的に人気の高いエルメスのバッグ。こんなにも愛されている秘密の一つに、様々なシーンで活躍する豊富な種類があります。ここではエルメスのバッグの中でも、人気の高いものを紹介します。

エルメスの代名詞といえばこれ、バーキン

エルメスバッグの中でもバーキンは、もっともアイコニックなバッグだと言えます。エルメスファンでなくても、いつかバーキンを持つという夢を抱いている人は世界中にいます。バーキンはそのファッション性だけではなく、その機能面でもとても優れているバッグです。中に物を入れやすいように仕切りをなくし、横長で収納力にも長けています。そもそもバーキンがこの世に生まれたのも、機能性にフォーカスされてのことなのです。有名な話ですが、当時のエルメスの社長ジャン=ルイ・デュマが飛行機でイギリスの女優ジェーン・バーキンで隣の席になり、バッグの中身をばら撒いてしまった彼女のためにポケットのあるバッグをデザインしたのがバーキンの始まりとされています。

エルメスを愛する全ての女性の永遠の憧れ、ケリー

エルメスのバッグ1

元々ケリーバッグは、サック・ア・クロアという別の名称でした。しかし、こちらもバーキン同様、有名な大女優からその名がつきました。アメリカの女優グレース・ケリーです。モナコの王室に嫁ぎ王妃となったグレース・ケリーは、妊娠中でもパパラッチに追いかけ回されていました。唐突にカメラを向けられ、咄嗟に持っていたバッグでおなかを隠し、その写真が掲載されたことによって、世界的にこのバッグが知られるようになりました。その後エルメスはモナコ皇室に許可をもらい、正式に名称をケリーバッグと変更しています。ケリーには内縫いしてあるものと外縫いしてあるものがあり、内縫いは女性らしい印象に、外縫いはフォーマルなシーンに合わせて使われることが多いです。またケリーの中でもその大きさやスタイルによって様々な種類がありますので、必ず自分の好みのケリーが見つかるはずです。

すべてはここから始まった。エルメスの元祖オータクロア

エルメスのバッグ2

今では世界的なファッションブランドとして君臨しているエルメスですが、元々は乗馬用の馬具を扱っていました。オータクロアは乗馬に使用する鞍を収納するために製作された、エルメス最初のバッグだと謳われています。しかし始まりこそ馬具ですが、今ではオータクロアはエルメスを代表するバッグの一つです。昔の名残りなのか、エルメスバッグの中でもやや大きめのサイズで、バーキンより一回りくらい大きいものになります。縦にも幅があるので、普段使いはもちろん、ちょっとした小旅行などのお出かけにもぴったりの大きさです。今では他の種類のエルメスバッグに押され気味ではありますが、持っているだけでエルメスに精通していると一目置かれるバッグです。

tweetする
@ecoring38さんをフォロー
シェアする