宝石業界の王様と言われるカルティがつくりだす時計 | ブランド品の買取ならエコリング

エコリング

ブランド品の感動買取ならエコリング

エコラム エコラム

リサイクル・ライフスタイル・ファッション等、様々な情報を発信! リサイクル・ライフスタイル・ファッション等、様々な情報を発信!

ブランド品

宝石業界の王様と言われるカルティがつくりだす時計

カルティエの腕時計1

カルティエは、高度な技術で洗練された商品を作ることで、世界中で高く評価されているブランドです。そんなカルティエで人気の腕時計を紹介します。

世界初の腕時計

サントス・ドゥ・カルティエは1904年、高名な飛行家のアルベルト・サントス・デュモンが操縦中に時刻を確認できる時計をルイ・カルティエに依頼したことがきっかけとなり生み出された、世界初の腕時計です。このデザインはカルティエの腕時計のアイコンとなり、全ての腕時計の原型ともなっています。

変わらず愛用される腕時計タンク

カルティエの腕時計2

1917年にルイ・カルティエが創ったカルティエの代表的な腕時計のひとつです非常に洗練されたスタイルであり、TPOを選ばず身につけることができます。大きな特徴は、ケースの縦枠部分によってラグと呼ばれるベルトとケースを接続する部分を隠していることです。このデザインにより、ケースとベルトの間をシンプルなラインで結び、とてもスタイリッシュかつエレガントなシルエットとなっています。1917年にできた原型から変わることなく愛され、今でも様々なバリエーションが生み出される人気商品です。

エレガントと力強さをもつ腕時計カリブル

エレガントで洗練されているのが特徴のカルティエですが、カリブルはカルティエの誇る優美なラインと洗練されたデザインに加え、力強さを感じさせる男性的なフォルムにより、新しいカルティエのイメージを創りだしました。自社工房で開発製造された自動巻のムーブメントが人気の秘密です。そのスタイルなどが男性に人気の、お勧めの腕時計です。

まだまだある、エレガントなカルティエの腕時計

パシャ・ドゥ・カルティエは防水仕様のラウンドケースが美しい時計です。美しく映えるケースラインが目を惹きます。チェーンでケースに固定されたリューズを守るプロテクターが、エレガントな中にもチャーミングな印象です。バロン・ブルー・ドゥ・カルティエは、名前の由来になっている風船のようなデザインであるフレームが特徴的です。青いカボションを埋めこみリューズを覆うフレームで、そのリューズ部分がアクセントになり、ケースラインをより美しく際立たせています。

オーバーホールの必要性

時計の潤滑油を交換する作業がオーバーホールです。時計の歯車には、動きがスムーズになるように油をさしてありますが、歯車が擦れることで微細な金属粉が出て油が汚れます。その汚れは部品を傷つけることやサビの原因となることもあり、故障する場合もあります。油を交換する目安は3、4年ほどです。定期的に行うオーバーホールで、長く腕時計を楽しみましょう。

tweetする
@ecoring38さんをフォロー
シェアする