誰もが一度は手にしたいと思う、憧れのロレックス | ブランド品の買取ならエコリング

エコリング

ブランド品の感動買取ならエコリング

エコラム エコラム

リサイクル・ライフスタイル・ファッション等、様々な情報を発信! リサイクル・ライフスタイル・ファッション等、様々な情報を発信!

ブランド品

誰もが一度は手にしたいと思う、憧れのロレックス

ロレックス40代におすすめ1

ロレックスの魅力は、高級感だけではなく、現代の腕時計にとって重要な機能”オイスターケース”、”パーペチュアル機構”、”デイトジャスト機構”、”ジュブリーブレス”、”オイスターブレス”、フルーテットベゼル”、”ポリッシュドベゼル”などを主流の変化をいち早く予測し開発発明するという輝かしい歴史と耐磁性や耐防水、耐衝撃性の高さがあります。そして、すべての機能がトップクラスと同時にデザインも豊富にあり、芸能人、数々の有名人達が使用しているためあの知名度の高い”ロレックス”をつけているのだというステイタスの高いブランドでもあります。

ロレックスの年代モデル

1929年”チェニープリンス”の名前のチェリーニは、ルネッサンス期に活躍した彫刻家ベンベヌート・チェリーニからきています。現代版は、長方形ケースの角型時計として受け継がれています。 1931年の”オイスターパーペチュアルは”ロレックスの起源を成すずば抜けたフォルムと機能を集約した原点に宿るシンプルさがあります。種類豊富です。 1940年の”エアキング”はロレックス入門のモデルとして案内されることが多く比較的低価格でデイト表示のない操作のシンプルなモデルです。1945年の”デイトジャスト”は三大発明の一つで他社と違い針が0時になると瞬時に日付が切り替わります。 1953年の”エクスプローラーⅠ”はスポーツタイプで極地、どんなところでも正確に時刻をとらえられることを鉄則に作られました。 1953年の”サブマリーナ”はダイバーなどにぴったりの高度な耐久性、防水性の技術を盛り込んだ究極の防水時計です。 1955年の”GMTマスター”は24時間針と回転ベゼルの簡単操作でセカンドタイムがわかります。 1956年の”デイデイト”は最高級品であり18金およびプラチナモデルの2種のみ生産されています。 1960年の”オイスターデイト”は1960年から1980年頃まで生産されたロングセラーの時計です。 1992年の”ヨットマスター”は一のメンズ、ボーイズ、レディース品数豊富なモデルです。ペアーウオッチにぴったりです。

40代におすすめ

ロレックス40代におすすめ2

人生の構築もほとんど出来上がるころ、身に付けるものもそれなり知名度の高いものや今までよりワンランク上のものをさりげなく装えたら最高です。”デイトジャスト”は、シンプルでありながらその存在感は大きく年を重ねても似合います。いずれは息子さんに譲るのもいいものですよね。この他”デイトナ””エアキング”などもデザイン豊富で新しいモデルもたくさん出ているので自分らしいロレックスを手に入れてみてください。

tweetする
@ecoring38さんをフォロー
シェアする