エコリング

ブランド品の感動買取ならエコリング

エコラム エコラム

リサイクル・ライフスタイル・ファッション等、様々な情報を発信! リサイクル・ライフスタイル・ファッション等、様々な情報を発信!

ブランド品

2016.8.26

馬具工房から始まったエルメスの華麗なる道のり

エルメスの商品知識1

1837年から2003年まで同族経営が続いたエルメス。アイデアと商才にあふれる子孫たちが育ててきた道のりをご紹介します。

初代ティエリ・エルメス

初代がパリに馬具工房をオープンしたのは1837年。馬が快適に身につけられることを考え抜いて作った彼の鞍は、ナポレオン3世やロシア皇帝にも愛され、万国博覧会で金賞もとりました。

2代目シャルル・エミール・エルメスと初めてのバッグ

1880年に2代目が工房を受け継ぎ、場所も現在の本店に移りました。そこでバーキンの原型となった最初のバッグ(オータクロア)を作成。本来は馬鞍をしまうためのもので、馬具作りの技術を応用したものでした。

3代目エミール・モーリス・エルメスの先見性

3代目に移ったときがエルメスの転換期となりました。商才あふれる彼は、馬車から自動車に移り行く社会を見越して、女性用の財布やバッグの製造を始めたの です。またファスナーの特許を申請し、初めてバッグにファスナーを使いました。ボタン留めだったシャネルの洋服にファスナーをつけたのはエルメスが初めてだったというエピソードも。そして1927年には腕時計を発表、スカーフ・香水などの小物も扱いはじめ、デザイン、製造、販売を一手に手掛けたのです。自動車会社ルノーの創始者と友達同士だったという不思議な縁もありました。1945年には現在の商標となった四輪馬車と従者のロゴを登録。主人不在なことには理由があり、「最高の馬車は用意するけども、それを操るのはお客様自身です」という意味が込められているのです。

スカーフと香水に道を開いた4代目ロベール・デュマ・エルメス

この代になって、エルメスはシルクスカーフと香水に注力するようになりました。シルクスクリーンの技術を取り入れた鮮やかな色遣いのスカーフは大好評を博し、遊び心あふれたデザインも人々の心をつかんだのです。またグレース・ケリーが持って雑誌の表紙を飾ったバッグ、ザック・ア・クロアが、モナコ王室の許可を得て「ケリー」に改称されました。1961年には香水部門が独立するきっかけとなった定番「カレーシュ」が誕生。1973年、英国靴のジョン・ロブが傘下に入りました。

5代目ジャン・ルイ・デュマと腕時計

エルメスの商品知識2

5代目に入り、1979年に「エルメス時計会社」をスイスに設立、本格的に時計分野に進出。のちに定番となるクリッパーシリーズも生み出されました。1987年からは年間テーマを設定するように。この年は設立150周年を記念してセーヌ川で音楽に合わせ花火を打ち上げ。市民の喝さいを浴びました。あと、THE ALFEEのディスクジャケットデザインしたり、ソニーのアイボ専用のキャリングバッグを発表したりといろいろな分野とコラボレーションするように。

一族以外の初めての代表パトリック・トマ

2004年に初めて一族以外が経営者に。ヨウジヤマモトとコラボレーションしたバッグを発表したり、映画「東京島」でスカーフ「カレ」が使われたことにより、スペシャルカラーのカレ「世界は広い」発売するなど多方面とコラボレーションしています。

tweetする
@ecoring38さんをフォロー
シェアする
記事ランキング