エコリング

ブランド品の感動買取ならエコリング

エコラム エコラム

リサイクル・ライフスタイル・ファッション等、様々な情報を発信! リサイクル・ライフスタイル・ファッション等、様々な情報を発信!

ブランド品

2016.8.26

誰もが一度は憧れるロレックスの歴史と特徴

ロレックスの商品知識1

誰もが一度は憧れを持つブランドがあると思います。ロレックスの時計がその代表例ですね。そこで、今回は、奥が深いロレックスの歴史と特徴をご紹介いたします。

ロレックスの始まり

ロレックスの始まりは、1905年になります。ロンドンにある別の時計会社が出来ました。それがロレックスの前身会社です。その時代は懐中時計が主流な時代でした。その中で、ハンス・ウイルスドルフは、小型の時計の重要性に気づきました。そして、スイスに移動しました。1908年に「ロレックス」を立ち上げました。また、1910年に初めてのクロノメーター認定を受けました。国際的に、認められた精度の高い時計にのみ与えられるものです。これは、腕時計として初めての認定でした。また、その後“A”級証明書を与えられました。これは、通常は航海用のクロノメーターにのみ与えられるものです。1936年には、イギリスの王室からも受注されました。

世界初を生み出すロレックス

ロレックスの商品知識2

ロレックスは、1926年に世界初の防水時計を生み出しました。ロレックスオイスターという、水の浸入を防ぐ仕組みを作り出しました。他にも、腕時計の自動巻きやカレンダーを搭載した時計など様々な機能を開発してきました。今日の腕時計の基本機能となるものをロレックスが開発してきました。

ロレックスのこだわり

ロレックスは、時計をより良いものにしようと試行錯誤し、努力をし続けました。その結果、様々な人に愛されるブランドになりました。その中で、様々なこだわりがあります。まず、ケースへのこだわりがあります。ロレックスの素材はスーパーステンレスを使用しています。そのため素材が固く、研磨が難しいです。しかし、何度も研磨作業を行うことで、綺麗な輝きが生まれます。また、針やチューブにもこだわっています。そして、ロレックスは時間の精度も優れています。

マークの秘密

ロレックスのマークと言えば王冠のマークだと思います。デザインが王冠の理由は諸説あります。その中の一つとしてどんな時計の中でも、ロレックスの時計が一番優れているという証から王冠のマークになったと言われています。職人のこだわりが詰まっているそのこだわりが、「王冠」ということです。職人に敬意の気持ちを表しているから生まれたマークだと言えます。模造品対策にも、この王冠のマークが一役かっています。

近年のロレックス

ロレックスは2000年になっても進化を続けています。2012年には、水深1200メートルまで防水に耐える時計を開発しました。現代においても、「時計をより良く」したいというロレックスの時計にかける思いが受け継がれています。今後も、誰もが憧れるロレックスであり続けることでしょう。

tweetする
@ecoring38さんをフォロー
シェアする
記事ランキング