幅広い世代から愛され続けるコーチの歴史と商品 | ブランド品の買取ならエコリング

エコリング

ブランド品の感動買取ならエコリング

エコラム エコラム

リサイクル・ライフスタイル・ファッション等、様々な情報を発信! リサイクル・ライフスタイル・ファッション等、様々な情報を発信!

ブランド品

2016.8.29

幅広い世代から愛され続けるコーチの歴史と商品

コーチの商品知識1

ブランド品は数多くありますが、今回は幅広い世代から愛されるコーチの歴史と商品についてご紹介したいと思います。

創業から有名ブランドになるまでのコーチの歴史

1941年アメリカのニューヨークで生まれたコーチは、アメリカで最も伝統がある革メーカーです。始まりはたった6人の家族経営という小さな規模でした。そこから何代にもわたり、高級皮革製品ブランドとして世界的に有名になったのです。当初は革小物が中心でしたが、革でできた野球のグローブに影響を受けて、独自の個性があるバッグを作り出すようになりました。1960年代に誕生したバッグは、やがて語り継がれるものになります。1985年にはサラ・リー・コーポレーションに買収され、よりファッション性の高いブランドへと成長しました。日本では1988年に初進出し、今では日本での店舗数は100を超えています。1999年から2001年にかけてトヨタ自動車の高級ブランドのレクサスとコラボし、コーチの皮革を内装に利用した限定車が発売されています。

75周年を記念して、ディズニー×コーチを発売

コーチの商品知識2

2016年6月17日(金)に順次発売となった「ディズニー×コーチ」コレクションは、レディ・トゥ・ウェアとレザーグッズがミッキーマウスとフィーチャーされています。同じアイテムでもカラーによってイラストが異なり、バッグの裏表でミッキーの表情も違うなどのこだわりがあります。中でもユーモアにあふれる注目アイテムは、1960年代のアーカイブを再解釈した「キスロックバック」です。合わせやすいレザー素材の無地ですが、バッグのフレームがミッキーの耳の形になっていておしゃれです。そのほかにも、小さめのミッキーが型押しされたトートバックや、上質レザーを使ったバックパックなどもあります。アメリカを代表するキャラクターのディズニーと、NY生まれのコーチが表現する上品かつおしゃれな商品です。

コーチの代表的シリーズといえばこれ!

コーチの代表的なシリーズといえば、ジグネチャー・コレクションです。コーチの頭文字の「C」の文字をいくつも使用したデザインで、誰もが一度は目にしたことがあるのではないでしょうか。ジグネチャーとは日本語でサインのことで、目にしたらすぐにコーチとわかるデザインです。1色のものから2色、3色と使用したカラフルで可愛らしいものもあります。このコーチの代表的シリーズのジグネチャー・コレクションは、意外にも2001年に発表されたデザインなのです。ジグネチャー・コレクションは、キャンバスベースにレザーを使用しており、異素材の組み合わせがアクセントとなっているのが特徴です。財布やバック、小物など、色々なデザインがあるのでおすすめです。

tweetする
@ecoring38さんをフォロー
シェアする