シャネル、ヴィトンなどーブランドの隠れた歴史まとめ | ブランド品の買取ならエコリング

エコリング

ブランド品の感動買取ならエコリング

エコラム エコラム

リサイクル・ライフスタイル・ファッション等、様々な情報を発信! リサイクル・ライフスタイル・ファッション等、様々な情報を発信!

ブランド品

シャネル、ヴィトンなどーブランドの隠れた歴史まとめ

憧れのハイブランド。そのブランドの長い経歴から生まれた隠れた歴史をまとめました。

ルイ・ヴィトンのデザインは日本の影響!?

ヴィトン・シャネルまとめ1

ルイ・ヴィトンの中の代表的なデザインでもあるダミエは1888年に誕生しました。ダミエとは、フランス語で「チェック」という意味で、ロゴマーク入りのチェック柄が特徴です。人気が出ると共に、模倣品が多く出回ったことが原因で一旦姿を消しましたが、のちに復刻しました。合わせてモノグラムも代表的なデザインと言えます。日本の文化の影響を強く受けたデザインが多く、ダミエやモノグラムは日本の家紋や市松模様を参考にしたと言われています。モノグラムは、模倣品を防ぐために、ルイ・ヴィトンのイニシャル「LV」に星と花を組み合わせた柄が特徴です。デザインの基本は「旅」を軸に設定しています。ですので、丈夫さや品質へのこだわり、旅をする楽しみを演出することを常に求めているブランドです。

参考URL

確かに言われてみれば「市松模様」や「家紋」のように見えますね。最近では日本人アーティストの村上隆や草間彌生ともコラボレーションしています。

プラダの生地へのこだわり

プラダの商品と言って思い浮かべるのは、どのような商品でしょうか。一般的に思い浮かべる商品は、三角マークのロゴがついた商品だと思います。特に、黒のデザインのバックや財布がイメージ出来ると思います。プラダは、日常生活の中で、使いやすい商品を提供することを考えて作られています。そこで、他のブランドと一番異なる特徴があります。それは、生地です。工業用ナイロンと革を合わせたものです。軽くて丈夫な工業用の防水生地として使用されていました。ここで、豆知識ですが、創設者のマリオ・プラダが旅行用のカバンとして愛用していたそうです。この生地を「ボコノ」と言います。

参考URL

デザインだけでなく、実用的で生地へのこだわりが人気を支えているのですね。

グッチは元祖「ブランド」

グッチは、ブランドアイテムの元祖と呼ばれています。なぜなら、世界で最初に、デザイナーの名前を入れて商品を販売したことからです。

参考URL

それだけ長い歴史をもつブランドなんですね。

シャネルの始まりは帽子屋さん!?

ヴィトン・シャネルまとめ2

シャネルは創業者であるココ・シャネルことガブリエル・ボタール・シャネルが、1909年にパリで帽子の製作を始め、その翌年に婦人帽子店「シャネル・モード」を開いたことから始まったといわれています。その後フランス各地に出店していきますが、ジャージ素材を用いたドレスや、最も有名な香水である「シャネルNo.5」を発表するなど、人々の話題を集めて多方面に発展していきました。

参考URL

あの大ブランドが小さな帽子やさんから、女性ひとりの手で発展していったことに驚きます。

エルメスのロゴの秘密!馬車に誰も乗っていない理由

ヴィトン・シャネルまとめ3

1945年には現在の商標となった四輪馬車と従者のロゴを登録。主人不在なことには理由があり、「最高の馬車は用意するけども、それを操るのはお客様自身です」という意味が込められているのです。

参考URL

ブランドの心粋を感じる素敵な理由ですね。

tweetする
@ecoring38さんをフォロー
シェアする