知っているとより親しみが持てるプラダの豆知識 | ブランド品の買取ならエコリング

エコリング

ブランド品の感動買取ならエコリング

エコラム エコラム

リサイクル・ライフスタイル・ファッション等、様々な情報を発信! リサイクル・ライフスタイル・ファッション等、様々な情報を発信!

ブランド品

知っているとより親しみが持てるプラダの豆知識

プラダの商品知識1

プラダを愛用している皆さん、そしてこれから購入したいと考えている皆さん、プラダの事についてどのくらい知っていますか?今回は、より知っていると親しみが持てるプラダの豆知識についてご紹介致します。

プラダの歴史

プラダの商品知識2

プラダは、1913年にミラノに店舗を出したことが原点と言われています。創設者はマリオ・プラダです。ブルジョア達に人気を博しましたが、徐々に低迷してしまいました。その後、マリオの孫娘がデザイナー兼オーナーになり、減少していたプラダのブランド力が回復しました。今では、幅広い世代の人に愛される商品になりました。プラダは、バッグから、衣類まで幅広い種類の商品を扱っています。

プラダの生地

プラダの商品と言って思い浮かべるのは、どのような商品でしょうか。一般的に思い浮かべる商品は、三角マークのロゴがついた商品だと思います。特に、黒のデザインのバックや財布がイメージ出来ると思います。プラダは、日常生活の中で、使いやすい商品を提供することを考えて作られています。そこで、他のブランドと一番異なる特徴があります。それは、生地です。工業用ナイロンと革を合わせたものです。軽くて丈夫な工業用の防水生地として使用されていました。ここで、豆知識ですが、創設者のマリオ・プラダが旅行用のカバンとして愛用していたそうです。この生地を「ボコノ」と言います。

偽物と本物の商品の見分け方

プラダの商品は、生地の素材の関係からか、他のブランドに比べて偽物が多く出回ってしまっています。そこで、偽物と本物の見分け方についてご紹介致します。見分けるポイントは、三角マークのロゴです。ブランドを扱う買い取り業者は、ロゴにある「R」の字を入念にチェックします。「R」のロゴに切り込みが入っているものは正規品と言えます。最近では、偽物のこの対策を知っている人もいます。そのため、切り込みが入っているもの全てが正規品とは言えなくなっている現状があります。また、ロゴが貼ってある土台から接着剤等がはみ出しているものも偽物の可能性が高いので、お気を付け下さい。そして、細部の縫い目等が雑になっているものも要注意です。保証書があるかないかも一つの判断材料になります。しかし、商品によっては本物でも入っていないものがあります。

プラダの商品

もともと革製品から始まったブランドですので、ナイロン生地だけではなく、革製品にもこだわりがあります。しかし、日本は湿気の多い国ですので、やはりナイロン生地が日本に合っていると思います。

tweetする
@ecoring38さんをフォロー
シェアする