ロレックスを買取してもらう絶好のタイミングとは | ブランド品の買取ならエコリング

エコリング

ブランド品の感動買取ならエコリング

エコラム エコラム

リサイクル・ライフスタイル・ファッション等、様々な情報を発信! リサイクル・ライフスタイル・ファッション等、様々な情報を発信!

ブランド品

2017.12.26

ロレックスを買取してもらう絶好のタイミングとは

ロレックスは、中古品の中でも高値が付きやすいブランドのひとつです。
ただ、いつ売るかによって買取価格は異なります。ロレックスを買取に出すおすすめのタイミングは、為替が変動したときや、ブームがきているときです。有名なモデルや俳優がロレックスを持っていたことがきっかけでブームが起こることもあります。ロレックスの商品で少しでも高価買取を実現するために、こういった一時的な買取相場の上昇を見逃さないよう、チェックしておくことが大切です。

そこで今回は、ロレックス商品の買取ポイントやタイミングについて詳しくご紹介します。

■為替相場に着目する

ロレックスの時計は、スイスで製造されているものですが、日本へ輸入されるときには米ドルでの取引になります。ですので、日本での販売にはドル円相場が影響します。円高のときには新品ロレックスの販売価格が下がり、円安のときは逆に販売価格は上がります。買取の場合でも、円安のほうが、新品のロレックスをいち早く、しかも安価でお店に並べることができ、新品と中古の価格差を最小限におさえることができるので、買取においても、円安であることは重要です。中古品の販売価格を下げるためには、それに合わせて買取価格も下げる必要があるので、円高のときには買取価格が低くなってしまいます。

■買取業者の着目ポイントは

時計の買取相場と、時計の状態、売却のタイミングの3つがポイントになります。買取相場とは、定価やデザイン、色などから判断したり、希少価値の高い商品や型番、種類はその分買取価格が高くなることもあります。さらに、ロレックス商品の人気具合によっても、中古品の需要に影響があるので、人気な商品は高価で買い取ってもらえる可能性が高くなります。

また、時計の状態も重要です。中古品の場合は製造年や購入年も影響します。キズや故障、汚れがあるとその分買取価格が下がってしまう原因になります。購入時の専用ケースや袋など付属品がそろっているか、保証書があるかどうかも買取の大きなポイントです。売却のタイミングはすでに紹介した円高、円安などが影響します。

■高値が多いモデルや型番は

ロレックスは、デザインが派手で文字盤が大きめのスポーツモデルと、落ち着いているベーシックなドレスウォッチに分けることができます。どちらがどのように人気があるのかは、流行によっても変動しますが、2000年以降は時計の色合いはシルバーよりもゴールドの人気が高くなっています。さらに、文字盤も小さいよりは大きいほうが人気があります。言い換えれば、デザインの派手さを重視する人も多いようです。また、製造年や購入年が古いと一般的には買取価格が落ちていきますが、ロレックスの場合は、買取自体が不可になることはほとんどありません。

ロレックスは高価に買取ができる商品が多いので、まずは信頼のおける買取会社で査定してみるとよいでしょう。

tweetする
@ecoring38さんをフォロー
シェアする
記事ランキング