エコリング

ブランド品の感動買取ならエコリング

エコラム エコラム

リサイクル・ライフスタイル・ファッション等、様々な情報を発信! リサイクル・ライフスタイル・ファッション等、様々な情報を発信!

ブランド品

2019.1.10

人気の高いルイヴィトン 高価買取の口コミについて調べてみました!

買取業者が商品につける査定ランクや高価買取してもらえる可能性の高い人気製品、実際にルイヴィトン製品を売った人達の口コミをご紹介します。

買取の基準とは

買取の際に業者が判断する査定ランクについてご紹介します。

N(新品)
未使用の新品のランクです。業者によって差はありますが、販売されてから1年以内の未使用新品はだいたいNランクに分類されます。紙袋や保証書などの付属品が揃っているのと買取額はアップします。

S(新品同様)
展示品や使用感が無く商品の状態が良い物はSランクに分類されます。また見えにくい部分に少し傷が入っている物もSランクに分類される可能性が高いです。場合によっては新品でも販売されてから1年以上経過している物や付属品が全て揃っていない物はSランクになります。

A(中古)
使用感が分かるものは中古品に分類されますが、多少の傷や色焼け、汚れがあったとしても状態のよい物はAランクに分類されることがあります。

B(中古)
Aランクよりも使用感があり、傷や色焼け、汚れが目立つものはBランクに分類されます。これより状態が良くない物はジャンク品として扱われます。

査定ランクの内容についてご紹介しましたが、全ての業者がこの判断基準で買取額を決めているわけではありません。詳しい査定基準は各買取業者までお問合せください。

高価買取が期待できるルイヴィトンの製品は?

ルイヴィトン製品のなかでも高価買取が期待できる製品はこちらです。

モンスリ(モノグラムリュック)
ルイヴィトンのなかでも人気の高いモノグラム柄のリュック「モンスリ」。発売当時はあまり人気がなく、中古市場にも溢れかえるほど流通していました。しかし現在はデザインのかわいさが見直され、再び人気に火が付いている商品です。
ルイヴィトンのリュック型バックが注目を集め始めたのは2016年頃になります。機能性に優れた「パームスプリングスバックパックMINI」の人気にあやかり、モンスリも脚光を浴びることとなりました。同じリュック型バッグの「ダミエ ソーホー」にも人気が集まっています。モンスリは廃盤商品のため中古市場でしか手に入らないということもあり、買取額が高くなっています。

ノエ(巾着バッグ)
ルイヴィトンの巾着型バッグ「ノエ」を持っているという方も多いのではないでしょうか。巾着型バッグを世に広めたのがルイヴィトンのノエで、一時期ノエは爆発的人気のバッグとなりました。2017年には現代風にモデルチェンジした「ネオ・ノエ」が誕生。肩紐が細くなり、用途に合わせてアレンジしやすい形に進化しました。

ルイヴィトン高価買取の口コミを紹介

バッグや財布など、たくさんの人気商品を世に送り出しているルイヴィトン。買取店に持って行った人の実際の口コミをいくつかご紹介いたします。

Aさん 60代 男性
ずっと使っていなかったルイヴィトンのバッグを思い切って買取査定してもらいました。愛着を持って使っていたので傷や汚れがありましたが、思っていたより高値で買取ってもらえたので良かったです。ほかにもいくつかルイヴィトンの製品があるので査定してもらおうと思います。

Bさん 40代 女性
数回しか使用していないルイヴィトンのバッグを持っていたので、買取査定をしていただいたところ「この商品は今人気があるので、売るなら今かもしれません」とアドバイスをいただきました。予想していたよりも高く買取ってもらえたので正直驚きました。新しいルイヴィトン製品を買う資金にしたいと思います。

Cさん 30代 男性
いただき物のダミエの財布を買取査定していただきました。人気商品とあって、かなり高値の査定額を提示され、正直「今売らなければ」とすぐに売却を決めました。

Dさん 30代 女性
ルイヴィトンが好きでいくつか集めていましたが、使っていない美品が多いことに気が付き、いくつか手放すことにしました。ダミエのキーポルを買取査定していただきましたが、人気商品とあってかなりの高値がつきました。人気のあるうちに手放して良かったです。

最後に

ほかにもルイヴィトンの高価買取の口コミはたくさん耳にします。ルイヴィトン製品は常に高値で買取ってもらえるので、使っていない製品を眠らせている方はぜひ買取査定に出してみてください。期待していた以上の高価買取が期待できます。

tweetする
@ecoring38さんをフォロー
シェアする
記事ランキング