エコリング

ブランド品の感動買取ならエコリング

エコラム エコラム

リサイクル・ライフスタイル・ファッション等、様々な情報を発信! リサイクル・ライフスタイル・ファッション等、様々な情報を発信!

ブランド品

2018.2.6

ブランド品を売るならネットオークション?フリマアプリ?それとも買取業者?

「もう使わなくなったブランド品が手元にある」という方も少なくありません。少しでもお金に変えたいのであれば、売却するという選択肢があります。
今回は、ブランド品を売りたいときに「ネットオークション」「フリマアプリ」「買取業者」の3つの方法のいずれが望ましいかについてご紹介します。

■オークションは、値崩れが心配

ネットオークションには多くのユーザーが存在しており、さまざまな場面で駆け引きが繰り広げられます。「1円でも高く入札してほしい」「この価格なら妥結できる」という思いから、即決価格や最低入札価格を設定することもあります。なお、ネットの画像からでは出品物の価値が伝わりにくいという課題もあります。また、知らずのうちに偽物を出品していた、落札者と連絡が取れずに取引が流れてしまったというケースも後を絶ちません。さらに、取引後のクレームも懸念されます。

入札が不調に終わり、その品物の価値に見合わない価格で手放してしまったという失敗談も少なくありません。

■「値引き交渉」で価値が変動してしまうフリマアプリ

近年、「すぐ出品」「すぐ購入」ができるフリマアプリが人気を集めています。オークションのように「相手が価値を決める」「入札で価値が決まる」ものとは異なり、「出品者自身が価値を決められる」ことが人気の理由のひとつです。そのため、自分の言い値でスタートできるところが受け入れられています。

ただし、自分の価値観と市場相場に差が出る可能性もあります。また、本当はもっと高い価格で買取ってもらえる可能性も潜んでいます。
ネット上のフリーマーケットということもあり、「値切り交渉」が頻繁にあるというのも特徴です。「設定価格よりも値引きしてくれたら買う」という購入者の持ちかけにより、自身の設定価格よりも低い価格で手放すことになったというケースもみられます。

また、ネットオークションやフリマアプリでは、取引成立により「発送する」という作業が生まれます。梱包や発送に伴う作業をわずらわしいと感じる方も少なくありません。

■買取業者は「本当の価値」を分かっています

では、ブランド品の買取業者に買取査定を依頼した場合はどうでしょうか。買取業者は市場価格やニーズに応じた市場調査を日々行っており、USED品の価値を判断しています。その中で特にニーズが高い品物に対しては「プレミア価格」を上乗せすることがあるので、ブランド品の新品価格に近い価格で買取が可能な場合もあります。

また、「売りたい・手放したい」と思ったときに店舗に出向くことで、即現金化が可能です。宅配買取を利用した場合でも、ネットオークションやフリマアプリのように「売れない・入札がない・塩漬け商品が増えた」といった心配がなく、ほとんどの品物で買取価格を提示します。ネットを経由して「宅配買取」の依頼もできるので、家にいながら買取業者とコンタクトが取れるのも便利です。

「買取できない」という場合でも丁寧にその理由が説明されるので、この点も魅力です。

■まとめ

ブランド品を現金化する場合、さまざまな選択肢があります。中でも、買取業者の利用は多くの面でメリットがあるためおすすめの方法です。「品物の本当の価値を知ることができる」「即現金化が可能」といったメリットで、ブランド品をお金に変えましょう。

tweetする
@ecoring38さんをフォロー
シェアする