エコリング

ブランド品の感動買取ならエコリング

エコラム エコラム

リサイクル・ライフスタイル・ファッション等、様々な情報を発信! リサイクル・ライフスタイル・ファッション等、様々な情報を発信!

ブランド品

2018.7.5

これからの時代のダイヤモンドの選び方~資産価値を考えると買取価格も重要!

稀少なジュエルはいつの時代も人気が高く、変わらない価値と輝きを持ち続けています。そんな“ジュエルの王様”と呼ばれるものがダイヤモンドです。しかし、同じダイヤモンドであっても、幅広い価格で販売されているのはご存じの通り。天然ものですので、2つとして同じものはありません。だからこそ、販売価格・買取価格にも差が生じるのです。今回は、これからの時代に求められるダイヤモンドの選び方についてご紹介しましょう。

ダイヤモンドのカットにも流行がある?買取価格にも影響する!

ダイヤモンドの価値を決めるポイントのひとつに、「カット」が挙げられます。ダイヤモンドはカットによって輝き方がまったく変わるジュエルなのです。そんなカットにもさまざまな種類があり、同時に流行もあります。カットによって価格が変動することもあるので、ぜひ覚えておきましょう。代表的なカットの例は以下の通り。

・ラウンドブリリアントカット
最も高い人気を誇るカットが「ラウンドブリリアントカット」です。58面体のカットとなっており、光の反射や屈折率といった光学的特性まで緻密に計算。ダイヤモンドの輝きを最大限まで引き出せることから、今日の婚約指輪に用いられるダイヤモンドのほとんどがこのカットで仕上げられています。しかし、このラウンドブリリアントカットを実現するためには、原石の半分以上を研磨しなければなりません。とても贅沢なカットといえるでしょう。
・プリンセスカット
1970年代に登場したカットの種類で、比較的新しい部類に入ります。ボリューム感と輝きの両方を引き出せると人気です。どちらかというと、大人っぽい雰囲気のカットですので、婚約指輪に用いられることが多々あります。流行面ではそれほど高い人気を集めてはいません。それでも根強いファンが多く、市場における需要も一定数存在します。
・エメラルドカット
長方形で、四方の角に面が施されているものです。その名の通り、エメラルドのカットとしてよく用いられます。カット面が非常に少ないため、輝きの面では上記よりもやや劣りますが、ダイヤモンドならではの透明感を最大限に活かせるのが魅力です。それだけに、ダイヤモンドの品質が高くなければこのカットは適していません。グレードの高い原石が使われることが多く、価格は高価な傾向があります。

高価なダイヤモンドには資産的価値がある!買取価格も高価!?

グレードの高い原石をカットしたダイヤモンドには相応の価値があります。今日では、ダイヤモンドの採掘量に制限が設けられているため、その価値が急落することはほぼありません。つまり、ダイヤモンドにはいつでも高値で現金化できる“資産的な価値”があるのです。仮に高価な1点を購入したとしても、価値が急落するリスクはありません。

また、売るタイミングについても悩む必要はありません。中古市場での買取価格は常に高値で安定していますので、「売りたい時が売り時」と考えられる点も、ダイヤモンドの魅力といえます。

カットにも注目しながらダイヤモンドを選ぼう!

その品質だけでなく、カットにもこだわることで、本当に価値のあるダイヤモンドを選ぶことができます。もちろん、価値のあるダイヤモンドは時代を問わず、専門店での高価買取が期待できます。売却を検討している方は、売りたいと思ったタイミングで専門店に持ち込んでみましょう。

tweetする
@ecoring38さんをフォロー
シェアする
記事ランキング