エコリング

ブランド品の感動買取ならエコリング

エコラム エコラム

リサイクル・ライフスタイル・ファッション等、様々な情報を発信! リサイクル・ライフスタイル・ファッション等、様々な情報を発信!

ブランド品

2018.8.1

ダイヤモンドの査定は難しい?買取は信用できる専門店に依頼!

ダイヤモンドは高価な宝石の代名詞的な存在です。その稀少さはもちろんのこと、ほかの宝石にはない輝きや唯一無二の存在感から「宝石の王様」とも呼ばれます。そんなダイヤモンドの買取価格はさまざまな要因によって変動します。

基本的な査定さえ難しく、素人がその価値を見極めるのは困難といえるでしょう。今回は、ダイヤモンド査定の難しさや、信用できる買取店を選ぶことの重要性についてご紹介します。

どうしてダイヤモンドの査定は難しい?

ダイヤモンドの価値を決めるポイントは大きく分けて4つあります。その中でも品質の決め手となる「クラリティ(透明度)」と「カラー(色)」については、専門的な知識がなければ正確に判断するのが困難です。

ダイヤモンドといえば、多くの方が“無色透明の美しい宝石”をイメージするはず。しかし、実際はわずかに色がついていたり、内包物がはいっていたりするものがほとんどです。美しくカットされていると着色や内包物の有無が目立ちにくいため、専門家でなければ見極められません。

信用度の高い鑑定機関から発行された鑑定書などがあれば、専門スタッフでなくてもある程度の査定が可能。しかし、すべてのダイヤモンドに鑑定書がついているわけではないのです。中には鑑定書があっても専門資格者の監修がなく、信用度が低いものもあります。この場合も専門知識や資格を持ったスタッフがいなければ正確な鑑定・査定ができないのです。

また、ブランド品のアクセサリーには「ブランドならではの価値」が付加されることもあります。つまり、ブランド品の査定ができる専門スタッフでなければ、適切な価値を判断できないのです。担当者の査定能力や鑑定書の有無など、あらゆる条件が求められるからこそ、ダイヤモンドの査定・鑑定は敷居が高いものとなっています。

どういったお店ならダイヤモンドを正しく査定できるの?

最も重要なポイントは「専門知識や鑑定技術を持ったスタッフがいる店舗」であること。
ダイヤモンドにはいくつかの鑑定機関があり、そこで認定された資格を持つスタッフがいることが大切です。またブランドの価値は、ブランドの買取を専門としている店舗でなければ正確に判断できないことがあります。
店側がブランド品の価値を正確に把握できるか否かを確認しましょう。

ダイヤモンドは査定のプロがいる専門店に持ち込もう

ダイヤモンドの買取は、専門スタッフの有無で買取価格が大きく変わります。そのため、お店選びが非常に重要です。最近ではWeb上やLINEなどで査定を依頼できる店舗もあります。手軽に査定できるので、ぜひ一度利用してみてください。

より詳しい査定結果を知りたい場合は、後に店舗まで足を運んでみましょう。時間的な余裕がない方は、出張買取・宅配買取などのサービスを活用するのも手です。

納得できる金額で売却するためにも、大切なダイヤモンドは、査定のプロがいる買取専門店でおこないましょう。

tweetする
@ecoring38さんをフォロー
シェアする
記事ランキング