エコリング

ブランド品の感動買取ならエコリング

エコラム エコラム

リサイクル・ライフスタイル・ファッション等、様々な情報を発信! リサイクル・ライフスタイル・ファッション等、様々な情報を発信!

ブランド品

2019.9.28

宅配買取と出張買取の違いとは?メリット・デメリットと買取方法

海外旅行で買ったブランド品のバッグや洋服、プレゼントされたジュエリーや腕時計など、使う機会はないものの捨てるにはもったいない品物が、どのお宅にも眠っているのではないでしょうか。

それらの品物を処分できるうえ、お小遣い稼ぎにもなる便利な手段が「買取ディーラーやリサイクルショップの活用」です。店舗に品物を持ち込む買取方法は広く知られていますが、なかでも店頭買取よりも手軽で快適に取引できる方法が「宅配買取」と「出張買取」です。

今回は、買取経験のない方や、「宅配買取」や「出張買取」の利用に不安を抱いている方たちのため、それぞれの方法やメリット・デメリットを解説します。「まだ利用したことはないけど、興味はある!」という方は、ぜひ参考にしてください。

「宅配買取」と「出張買取」の違いとは?

「宅配買取」と「出張買取」の違いとは?

「宅配買取」と「出張買取」の違いとは?

基本的に「宅配買取」も「出張買取」も、買取業者やリサイクル店のインターネットサイトや電話を通して買取を申し込みするまでは、同様の手続きが必要です。
宅配買取、出張買取のどちらも場合も、業者によっては買取品を事前査定し、見積もりを出してくれます。事前査定を利用して買取料の相場を知っておくと、査定後のキャンセルを防ぐことにつながります。

ただし、一部サービス内容が異なるため、まずは、それぞれの買取方法の特徴をみていきましょう。

〇宅配買取
「宅配買取」とは、不要となった品物をが自分で梱包して業者に発送し、査定・買取してもらう方法です。

梱包用のダンボールは宅配キットとして無料で用意している業者が多く、品物の無料発送できるケースが大半です。ただし、買取価格が折り合わずにキャンセルする場合は、返送分の送料を負担しなければならない場合が多いです。

〇出張買取
「出張買取」とはその名の通り、買取業者のスタッフが自宅まで出張し、品物の査定から支払いまでを行う方法です。
ショップにもよりますが、鑑定士の出張や査定にかかる費用は無料にしているケースがほとんどです。また、査定額が折り合わなければ、その場で買取を無料キャンセルすることも可能です。

宅配買取と出張買取を利用するメリット・デメリット

宅配買取と出張買取の利用は、それぞれにメリットとデメリットがあります。

宅配買取
メリット デメリット
  • ・自分の都合に合わせて、梱包・発送ができる
  • ・鑑定士と顔を合わせずに取引できる
  • ・自宅の近隣に買取業者がいなくても利用できる
  • ・梱包と発送を自分でしなければならない
  • ・買取不可の場合着払いで返却されることがある
  • ・出張買取よりも入金されるまで時間がかかる
出張買取
メリット デメリット
  • ・梱包したり発送したりする必要がない
  • ・目の前で鑑定士に査定してもらえる
  • ・査定から現金支払いまでが早い
  • ・鑑定士を家に入れる必要がる
  • ・提示される査定金額断りにくい
  • ・優良店は予約が取りづらいことが多い

宅配買取と出張買取、どちらの場合も、家から一歩もでなくて買取が完了できるという大きなメリットは共通しています。そのため、梱包や支払いなどの取引上の細かな点やサービスが異なる点について、より自分に合う方の買取手段を選ぶと良いでしょう。

【宅配買取と出張買取】買取までの具体的な流れ

いずれの方法を利用する場合も、買取を希望する品物はきれいに手入れをしておきましょう。
ちょっとした汚れで使用品の保存状態の良し悪しを判断されたり、査定内容に悪影響を及ぼしたりする可能性があります。査定を依頼する前に品物を点検し、汚れを落としてきれいな状態にしておくと、査定額アップが期待できます。

さらに、買取時のの提示も必要事項です。
これは古物営業法に従うもので、盗品の転売を防ぐ目的が含まれています。氏名や住所が確認できる運転免許証・パスポート・健康保険被保険者証などが、本人確認のための確認書類として利用できます。ただし各書類に記載の住所と現住所が一致している必要があります。

買取の注意点が分かったところで、ここからは、宅配買取と出張買取の買取までの流れについて、詳細をご紹介します。

宅配買取の場合

宅配買取の場合

宅配買取を依頼する際は、一般的に買取業者のホームページやお客様専用電話を利用して申し込みます。この時、梱包用の箱を注文すると、自宅まで無料で届けてくれる業者もあります。

ダンボールには買取してもらいたい品物に加え、のコピー、銀行口座を記入した買取同意書などの書類を一緒に入れて梱包します。荷造りする時は、運送中に品物が傷つかないように緩衝材を入れて丁寧に梱包することが大切です。

業者に届いた品物は鑑定士が査定し、査定価格がメールや電話で通知されます。この提示額を承諾すると取引が確定し、入金に至ります。依頼から振込までの日数は、おおよそ1週間が目安です。

出張買取の場合

出張買取を希望する場合も、申し込みは電話やネットで行います。この際、売りたい品物の情報を伝えるとともに、査定のために鑑定士が自宅を訪問する日時を予約します。

当日、鑑定士は買取申込者の自宅を訪ね、品物を査定します。出張費や査定料は、多くのお店で無料となっています。

査定は一人暮らしの女性でも安心できるよう、家の奥までは入り込まず、玄関先で行う業者が多い傾向にあります。また、買取業者が訪問していることが近所に知られないよう、社用車に店名を入れないなどの配慮もされています。

すべての品物を確認後、鑑定士は査定額を提示します。価格を了承すれば、取引は成立し、その場で査定料が支払われます。

買取してもらうならどちらがおすすめ?

買取してもらうならどちらがおすすめ?

宅配買取と出張買取にはそれぞれにメリットがあるため、一概にどちらの方法がベストだと言うことはできません。

例えば、「見知らぬ人を家に入れたくない」、「査定額に不満でも了承してしまいそう」という方ならば、宅配買取が適しています。「自分で荷造りするのが面倒くさい」「高価な品物を送付することが心配」という方には出張買取が適しています。

最適な買取方法の選択は、納得できる取引につながります。ご自身の状況に応じ、どちらの方法が適しているかをしっかりと考えたうえで、買取を依頼しましょう。

自分の都合に合わせて買い取ってもらうなら「宅配買取」

宅配買取の魅力は、自分に合ったタイミングで品物を買い取ってもらえる点にあります。

出張買取の場合、鑑定士が自宅を訪ねて査定、買取を行うため、短時間ではあっても時間の制限が発生してしまいます。これに対し、宅配買取を利用する場合は、自分の好きな時間に梱包、発送できるメリットがあります。

また、引っ越しは宅配買取の絶好のタイミングといえます。荷造りの際に必要なものと不用なものとを分け、不用品を宅配買取として処理できます。

鑑定士と対面で買い取ってもらうなら「出張買取」

鑑定士が自宅を訪問する出張買取は、梱包の手間が省けるだけでなく、目の前で鑑定してもらえるため、査定の内容や買取額決定の理由がわかり、査定価格に納得しやすい傾向があります。

さらに、近くにリサイクル業者の店舗がない地域であっても、鑑定士と対面で買取に出したいという方に出張買取はおすすめです。わざわざ遠方の買取店まで行く必要もなく、自宅にいながらにして品物を買い取ってもらえます。

まとめ

今回は、「宅配買取」と「出張買取」の違い、それぞれのメリット・デメリットについて解説しました。

同じ買取であっても、その方法や流れは異なります。さらに、宅配買取と出張買取は、それぞれに長所や短所があります。どちらの方法が良いというわけではなく、自分の売りたいものや生活スタイル、スケジュールなどを考慮し、その時々に適した方法を選択することが大切です。

ご紹介した情報や知識を活かし、ぜひご自宅で眠っている不要なアイテムを賢く処分してください。

tweetする
@ecoring38さんをフォロー
シェアする
記事ランキング