ブランド財布であるヴィトンのお手入れ方法 | ブランド品の買取ならエコリング

エコリング

ブランド品の感動買取ならエコリング

エコラム エコラム

リサイクル・ライフスタイル・ファッション等、様々な情報を発信! リサイクル・ライフスタイル・ファッション等、様々な情報を発信!

お手入れ・保管

ブランド財布であるヴィトンのお手入れ方法

ヴィトン財布お手入れ1

使えば使うほど味の出るヴィトン。手にしたブランド財布をずっと輝かせるためにできるメンテナンスをご紹介します。

ヴィトンの代名詞モノグラムのキャンバスのお手入れ方法

ヴィトン製品といえばモノグラム、ダミエの柄が印象的です。防水性、防汚性に優れ、傷にも強いことが最大のメリットですが、長期に渡って使用していると劣化してしまい、シミや汚れがついてしまいます。メンテナンス方法として、ムースタイプのレザークリーナーを使って財布全体を拭き、栄養を与えます。これで汚れが落ち、色の鮮度が高くなります。革の色を保ちたい場合は、乾いた後に防水スプレーをかけましょう。仕上げには艶出しのためのクロスをかけます。財布内部についた汚れは、擦って落とす消しゴムのような道具を使い、優しく汚れを消すように擦ります。なお、新品時に防水スプレーを使うことで、汚れが付きにくくなりその後のお手入れも簡単になります。

エピラインを展開する革製品のお手入れ方法

革製品が多くラインナップしているヴィトンの財布。細かな凹凸があります。クロム塩とタンニンによるレザーに型押し加工されており耐久性、耐水性ともに優れています。全体のクリーニングから始めます。ムースタイプのクリーナーをきれいな布で全体に塗布し、優しく拭き取るようになじませます。クリーナーが乾いたら、凹凸に沿ってさらに汚れを拭き取るようにします。この時もきれいな布を使ってください。黒ずんだ汚れには、部分的な汚れを落とせる道具を使って優しく擦り、黒ずみを落とします。汚れが落とせたら栄養を与えるためにクリームを塗り、乾いたら凹凸に沿って乾拭きします。最後に艶出しのためのクロスやグローブを使い、全体を乾拭きすることで光沢が蘇ります。

日々の使い方も大事なメンテナンス

ヴィトン財布お手入れ2

特別なお手入れだけではなく、毎日の使い方も大事なお手入れの一つです。男性に多く見られますが、バックポケットに財布を入れていると、歩行時や椅子の着席の時に表面は擦れ、酷いときには中のホックの芯が折れてしまうこともあります。そして見落としがちですが、汗を吸ってしまうこともあります。鞄の中に入れて使うことで傷を防ぐこともできます。また、必要以上の小銭やカードを入れてしまうと、縫製がほつれてきてしまうこともあるため、不要なものは入れないようにしましょう。ヴィトンの財布は丈夫な造りになっていますが、1年でも長く愛用していくためには、今の使い方を見直してみましょう。日々の使い方が日常のお手入れに繋がっていきます。

tweetする
@ecoring38さんをフォロー
シェアする