ブランドバッグの代表ヴィトン お手入れ方法のコツ | ブランド品の買取ならエコリング

エコリング

ブランド品の感動買取ならエコリング

エコラム エコラム

リサイクル・ライフスタイル・ファッション等、様々な情報を発信! リサイクル・ライフスタイル・ファッション等、様々な情報を発信!

お手入れ・保管

ブランドバッグの代表ヴィトン お手入れ方法のコツ

ヴィトンバッグお手入れ1

ブランドバッグを長持ちさせるために。日常のお手入れ方法をご紹介します。

モノグラム・ダミエのお手入れ方法

ヴィトンといえばLとVと花柄の組み合わせのモノグラムが有名ですね。このタイプのバッグは麻のキャンパス地に塩化ビールをコーティングしたもので、とても丈夫なのが特徴です。ですが持ち手や部分的に使われているヌメ革は水に弱いので、最初に使う前に防水スプレーを30cmほど離して吹き付け、乾いたら布で乾拭きしておくとシミや汚れ防止になります。ヌメ革の汚れや角の黒ずみはソフトガミで優しくこすってあげましょう。全体的に汚れてきたら、きれいな布にレザーソープを馴染ませ、まんべんなく塗って軽くこすって汚れを落とします。それからポリッシングクロスで乾拭きして、最後にレザーグローブで乾拭きすると光沢がよみがえりますよ。

ヴェル二のお手入れ方法

艶やかな光沢のある生地にモノグラム柄を型押ししたタイプ。エナメル革なので、他の皮製品と一緒にくっつけて収納していると、色移りや色あせの原因になる ので、保管方法には気をつけましょう。またエナメル革には普通の防水スプレー、中性洗剤は厳禁です。艶落ち、しわのもとになります。防水にはラックスプ レーを使い、乾いたらポリッシングクロスで拭き取ります。エナメルがこすれて黒く汚れた場合は、ソフトガミでこすり落として下さい。汚れがひどくなってき たら、ラックポリッシュを全体に塗り、乾燥させた後、ポリッシングクロスで乾拭きし、レザーグローブで乾拭きしたら元の美しさが出てきます。

エピ・スハリのお手入れ方法

エピは上質なレザーに細かな凸凹模様が施されたシックで丈夫なところが特徴です。スハリは最高級ヤギ革を使っていてモダンでエレガントかつ柔軟性、耐久性を持つラインです。どちらも使い始めはプレミアムプロテクトをスプレーし、汚れや湿気からしっかりガードしましょう。部分的な汚れはソフトガミでこすり落として下さい。革がくたびれた感じになってきたらディアマントを少量布になじませ均一に塗り、ポリッシングクロス、レザーグローブで乾拭きして仕上げましょう。

モノグラム・デニムのお手入れ方法

夏に大活躍するモノグラム・デニム。使い初めには防水スプレーで汚れ、シミ防止対策を。ボディについた表面的な汚れはソフトガミでこすり落として下さい。全体的な汚れには、豚毛ブラシにソフトクリーナーをピンポン玉1個大くらいスプレーし、ブラッシングしながら汚れを落としていきます。最後は白いタオルで乾拭きして完全に乾燥するまで待ちます。仕上げに防水スプレーを振っておくと美しさが長持ちします。

ヌメ革のお手入れ方法

ヌメ革はブランドバッグによく使われていて、ヴィトンではモノグラムのベージュ部分や持ち手などに使われています。タンニンでなめした人工的な染色や塗料を使わないナチュラルな革なのです。その分デリケートで水や油を吸ってシミになりやすい特徴があります。お手入れのコツはまず使う前に防水スプレーでガードすること。防水スプレーはフッ素系のものを使いましょう。その後は月に一回は防水スプレーを振ってあげて下さい。スプレーしてから1時間はおいてから柔らかい布で乾拭きするのがコツです。汚れはソフトガミでこすり落として下さい。

バックの内側のベタベタトラブルを防ぐために

ヴィトンバッグお手入れ2

バッグというのは長い間使わずにいると、内側の素材がベタベタしてくることがあります。そうなると価値も大幅に下がってしまいます。予防としては、使い終わったバッグは中身をすぐに全部出して、小さなブラシでホコリや汚れを掻きだしておきましょう。保管するときは不織布などに入れ、湿気のたまりやすい場所は避け、除湿剤を入れて保管しましょう。ときどき取り出して風を通したりチェックするとパーフェクトです。

tweetする
@ecoring38さんをフォロー
シェアする