Hのデザインが特徴のエルメスの腕時計のお手入れ | ブランド品の買取ならエコリング

エコリング

ブランド品の感動買取ならエコリング

エコラム エコラム

リサイクル・ライフスタイル・ファッション等、様々な情報を発信! リサイクル・ライフスタイル・ファッション等、様々な情報を発信!

お手入れ・保管

Hのデザインが特徴のエルメスの腕時計のお手入れ

エルメス腕時計のお手入れ1

エルメスの腕時計はとても高級な時計です。せっかく購入した時計を長く愛用するために日常のお手入れを紹介していきます。

皮革ベルトのお手入れ

革は水や汗にとても弱いです。また直射日光にも弱いので保管場所にも気を付けることが大切です。このようなことに気を付けて、エルメスのような高級な時計を綺麗に長持ちさせるためにお手入れをする必要があります。レザー用の防水スプレーがありますのでスプレー後はしっかりと乾かしましょう。エルメスの皮革ベルトの時計をする時には腕にきっちりとはめないように、指一本分くらいは余裕があるように装着しましょう。通気性が良いほうが革にも汗や汚れが付きにくいです。また時計を外したあとは風通しの良い場所に置き清潔に保つように心がけましょう。皮革バンドが劣化してきたら早目に取りかえるようにしましょう。革の色によっては汚れが目立つものもあるのでお手入れをきちんとしたいですね。

電池交換をする時の方法

エルメス腕時計のお手入れ2

腕時計の秒針が止まった時に電池切れだと思いこみ電池交換に出そうとしますが、一度腕時計の仕様を確認してみましょう。クォーツの場合は電池切れの可能性は高いですが、自動巻きの場合は腕時計を使用していないと止まってしまう場合もあります。しかし腕時計内部の損傷の可能性も高いので、その場合は一般の時計店ではなくエルメスの正規店へ出すようにしましょう。一度でも一般の時計店に出してしまうと、エルメスの正規店で受付ができなくなります。電池切れのまま放置しておくと腕時計の状態がとても悪くなります。潤滑油が固まってしまい、またホコリなども入りこむことで腕時計が上手く動かなくなる可能性が高いので、電池切れになった場合でもすぐに電池交換をして常に腕時計を動かしておくことを意識しましょう。

肌と密着する部分のサビ防止

エルメスの腕時計の裏ぶたやベルト部分の金具部分は直接肌に接するので汗や汚れが付きやすいです。そのままにしておくとサビの原因にもなり裏ぶたのパッキンの部分の劣化も激しくなります。使用した後はきちんと乾いた布で水分をふき取るようにしてサビ防止に努めましょう。また海水に浸けた場合は真水できちんと洗浄してから水分をふき取るようにしましょう。ふき取りにくい部分に汚れが溜まってしまった場合は、超音波の機械を使ってきちんと汚れを取り除く事もできます。長く使用しているとどうしても汚れが付いてしまいますので、定期的なお手入れが必要になります。きちんとお手入れをすることでサビ防止にも繋がりまので普段から気を付けるようにしましょう。

tweetする
@ecoring38さんをフォロー
シェアする