ヴィトンのバッグを活かす日頃のお手入れマニュアル | ブランド品の買取ならエコリング

エコリング

ブランド品の感動買取ならエコリング

エコラム エコラム

リサイクル・ライフスタイル・ファッション等、様々な情報を発信! リサイクル・ライフスタイル・ファッション等、様々な情報を発信!

お手入れ・保管

2016.8.9

ヴィトンのバッグを活かす日頃のお手入れマニュアル

ヴィトンバッグ日常のお手入れ1

ブランドバッグの代表格であるヴィトンを長持ちさせるお手入れ方法を種類別に紹介します。

モノグラム・ダミエのお手入れ方法

ヴィトンバッグ日常のお手入れ2

モノグラムやダミエといえば、ヴィトンの代名詞とも呼び声高いほど日本人にとっては非常に馴染みのあるアイテムです。年齢を問わず身につけることができるタイプですが、しっかりとお手入れしないとその魅力は日々失われていってしまいます。とはいえ、基本的にはモノグラムもダミエもキャンパス素材を合成樹脂でコーティングされているので、耐久性の面ではそれほどナイーブになる必要はありません。使用後に柔らか目の布で汚れを拭き取るという程度のお手入れで問題はありませんが、すべての部分がコーティングされているわけではないので、汚れがひどく目立つという場合は少し水分を含んだクリームなどで拭き取ってあげましょう。そして汚れが消えた後にもお手入れを忘れずにしておきます。ディアマントという光沢を出すためのクリームで軽くこすってあげましょう。

マルチカラー・エピ・タイガのお手入れ方法

マルチカラー・エピ・タイガはそれぞれ特徴があります。マルチカラーは、モノグラムと同じ素材に少し特殊なシルクスクリーン・プリントを施したもので、エピは牛革を染色して型押しをしたもの、さらにはその牛革に上質で柔らかいものを使用して型押ししているのがタイガです。製作工程はさまざまですが、どれも強い摩擦や水濡れ、汗などに弱く、シミになったり色落ちしたりという可能性があります。また染料が洋服に写ることもあるので、雨の日などは特に注意が必要です。これらのものが水に濡れた場合、やわらかい布で水分を十分に取ってから陰干ししましょう。また、別の皮革製品に接するように保管すると色が移ってしまうこともありますので、注意が必要です。

ヴェルニのお手入れ方法

ヴェルニは、エナメルにモノグラム柄を型押ししたタイプのシリーズです。通常のモノグラムなどでは味わえないメタリックな光沢を放ち、年齢を問わず比較的若い世代からご高齢の方までにも使いやすいタイプのルイ・ヴィトンです。カジュアルに使いこなせるので大変人気ですが、エナメル革は直射日光や他の皮革製品と接した状態で保管したり直射日光に当てすぎると色写りや色褪せを起こす可能性もあります。ヴェルニのお手入れの上でのポイントとしては、防水です。エナメル専用のラックスプレーなどを使用して、防水加工を施しておきます。こうすることで汚れがつきにくくなり、より長く使い込んでいくことができます。

tweetする
@ecoring38さんをフォロー
シェアする