ヴィトンの貴金属のお手入れ方法や保管場所 | ブランド品の買取ならエコリング

エコリング

ブランド品の感動買取ならエコリング

エコラム エコラム

リサイクル・ライフスタイル・ファッション等、様々な情報を発信! リサイクル・ライフスタイル・ファッション等、様々な情報を発信!

お手入れ・保管

ヴィトンの貴金属のお手入れ方法や保管場所

ヴィトンの貴金属を長く愛用したいですよね。ヴィトンの貴金属の毎日のお手入れや保管場所などをご紹介します。

日常のお手入れ・ヴィトン1

ヴィトンの貴金属はどうやってお手入れする?

ヴィトンの貴金属は、ホワイトゴールドやピンクゴールド、シルバーやプラチナなどの素材で作られています。また、ダイヤモンドやパールなどの宝石がついているものもあります。素材別にヴィトンの貴金属のお手入れ方法をご紹介しましょう。まず、ホワイトゴールドやピンクゴールドなどのゴールド系のヴィトンの貴金属からです。まず、18ホワイトゴールドの場合、75パーセントが金で25パーセントにパラジウムやその他の金属が入っています。18ホワイトゴールドは、これらの金属の上からロジウムメッキを施しています。ホワイトゴールドのお手入れ方法ですが、メッキの剥がれを防ぐために、使った後はきれいなやわらかい布で拭くことが大切です。強くこすってしまうと、大切なヴィトンの貴金属に傷がついてしまうためやめましょう。次に、ピンクゴールドのヴィトンの貴金属ですが、ピンクゴールドは毎日のお手入れを怠ると変色をしたりくすんでしまったりします。ピンクゴールドには銅や銀も含まれているため、空気中の酸素に触れることで酸化してしまいます。ピンクゴールドのヴィトンの貴金属を使った後は、まず流水で軽く水洗いをし、中性洗剤をボウルに入れてぬるま湯で浸してピンクゴールドの貴金属を入れます。5分くらい浸したらやわらかい布でやさしく拭きます。水分が残らないようにしっかりと拭き取れば大丈夫です。次に、シルバー素材のヴィトンの貴金属のお手入れについてです。ヴィトンのシルバーの貴金属のお手入れで一番簡単なのが、シルバー専用のクロスでピカピカにすることです。シルバーの貴金属は、つけた後にしっかりとお手入れをしておかなければ酸化するためくすんでしまいます。最初はきれいなやわらかい布で乾拭きをします。触ると跡がついてしまう場合は、中性洗剤で洗った後に水気を拭き取ってから専用のクロスで磨いていきます。傷がついてしまった時は、シルバー専用の研磨剤を少しつけて磨くと、傷が目立たなくなります。最後にヴィトンのプラチナの貴金属のお手入れについてです。プラチナの貴金属は、輝きを保つために身に着けた後に毎回お手入れをすることで長く使うことができます。まず、中性洗剤を溶かしたぬるま湯の中に貴金属を入れて洗い、やわらかい布で拭き取りましょう。水気が残らないようにすることがポイントです。貴金属の素材別にお手入れ方法を紹介しました。ただ、ダイヤモンドやパールなどの宝石がついている場合には注意が必要です。専用のクロスで宝石を磨いてしまうと傷をつけてしまうことがあるため気を付けてください。

日常のお手入れ・ヴィトン2

ヴィトンの貴金属の保管場所

ヴィトンの貴金属を保管する場所ですが、他の貴金属が当たって傷がつかないようにするために、一つ一つをジュエリーボックスに保管するようにしましょう。個別に保管をすることによって、傷がつくことを予防できます。また、ネックレスなどの貴金属を補完する場合は、チェーンが絡まないように柔らかいフェルトなどで包んで保管をしましょう。

tweetする
@ecoring38さんをフォロー
シェアする