エコリング

ブランド品の感動買取ならエコリング

エコラム エコラム

リサイクル・ライフスタイル・ファッション等、様々な情報を発信! リサイクル・ライフスタイル・ファッション等、様々な情報を発信!

お手入れ・保管

2019.1.26

年の初めに断捨離でスッキリ!処分すべきもの3つとその処分方法

年が明けて気分も新たな1、2月のタイミングは、断捨離をするのにもピッタリの時期です。春から始まる新年度を前に、昨年1年間、あるいはこれまで長年かけて溜め込んできたものを整理するのもいいでしょう。
そこで今回は、年の初めに思い切って断捨離するべきものを3つピックアップしてみました。それぞれの処分方法も一緒にご紹介するので、ぜひ試してみてくださいね。不要なものは処分して、スッキリした気持ちで春を迎えましょう。

なかなか捨てられない「想い出の品」

子どもの頃に使っていたぬいぐるみやオモチャなどが、まだ部屋や実家に眠っている人もいるのではないでしょうか?思い入れがあってどうしても捨てきれないものや、まだ使われているものなどは、そのまま大切に保管しておいても問題ないかもしれません。ですが、ホコリを被ってただ場所を取っているだけのものや、この先出番がないであろうものは、気分も新たなこの時期に、思い切って処分してみては?
処分の仕方としては、ぬいぐるみや人形など、そのまま捨てることがためらわれるようなものであれば、お寺などで供養をしてもらうといいでしょう。費用として1,000~数千円ほどかかる場合が多いようですが、倉庫でホコリを被ったままにしておくよりは、気分も晴れるはず。ちなみにお寺などによっては、事前に連絡をして規定の方法で送れば、自分が現地に行かなくても代わりに供養をしてくれるところなどもあるようです。
オモチャの場合は、レアな商品などだと高値で買い取ってもらえる場合もあるので、価値がありそうなものは専門店へ持って行くといいでしょう。オモチャにしろ、ぬいぐるみや人形にしろ、「もう使わないのは分かっているけど、ちょっとだけ名残惜しい…」という場合は、最後に写真を撮って画像で残すのもおすすめです。

ずっと履いていない靴

手持ちの衣類の整理や処分は定期的にするけど、靴は滅多にしないという人も少なくないのではないでしょうか?靴は意外と保管場所を取るうえ、ずっと履いていないと、気づかないうちに劣化していて履けなくなってしまうこともあります。普段は箱に入れっぱなしでスルーしてしまいがちの靴も、ぜひこの機会に整理をしましょう。
まず手持ちの靴を全部出して、サイズが合わずあまり履いていないものや、似たデザインがいくつもあるものなどは、まとめて処分します。そのほか、ずっと履いていないけど、元の値段が結構したので捨てきれずにいる靴なども、処分していいかもしれませんね。状態が悪化する前に、買取専門店などへ持って行くといいでしょう。
ちなみに靴の場合、ブランド品はもちろん、履きつぶしたスニーカーなどでも買い取ってくれるお店もあるようです。売れないだろうと思うものも、そのままゴミとして捨てる前に、一応お店に持って行ってみるといいかもしれません。

もう使わないアドレス

服や靴といったハード面だけでなく、スマホデータなどのソフト面でも、不要なものはこの機会にぜひ一斉整理をしましょう。アドレスはもちろん、音楽データや画像、動画、書類などを見てみると、スマホやパソコンの中には、思った以上に不要なデータがたくさん保存されているはずです。これらのデータを一気に整理することで、スマホやパソコンのデータ量をグッと軽くすることができます。また、不要なものが減ることで必要なデータを探しやすくなるので、仕事効率もアップするでしょう。
アドレスや電話番号の場合、使わないと分かっていても、どうしても捨てきれないという人は、不要なものをエクセルなどにまとめて、クラウド上にだけ残す方法も。そのほかの画像や書類なども、捨てるか迷ったらクラウド等にアップして、本体からだけ消去してもいいでしょう。
ただしデータをクラウド上にアップする場合、アドレスや電話番号なら個人情報、仕事関係のデータなどなら企業情報の漏えいリスクもあります。アップする際は他者から見られないよう、パスワードやアクセス権限の設定をきちんと行うなどの注意が必要です。

1年の始まりは、気分を一新させるのに絶好のチャンスです。ぜひこのタイミングで、普段はつい目をつぶってしまいがちな「不要なもの」を、きちんと処分してみましょう。身の回りをスッキリさせることで、1年をより気持ちよくスタートできるはずですよ。

tweetする
@ecoring38さんをフォロー
シェアする
記事ランキング