エコリング

ブランド品の感動買取ならエコリング

エコラム エコラム

リサイクル・ライフスタイル・ファッション等、様々な情報を発信! リサイクル・ライフスタイル・ファッション等、様々な情報を発信!

お手入れ・保管

2019.3.23

エコにもつながる新しい生理用品!生理カップって知ってる?

生理用品といえば、ナプキンやタンポンが主流ですが、新たな生理用品として今注目が集まっているのが、生理カップというアイテムなんです。みなさんはどんなものか知っていますか?生理カップは、膣内で経血をキャッチする生理用品で「生理中快適に過ごせる!」「エコにも貢献できる!」と使った人からの評判も上々の注目アイテム。「いったいどんなアイテムなの?」と気になった人もいるのではないでしょうか?そこで今回は、今話題の生理カップの特徴やメリット・デメリットとともに、実際に使っている私自身の感想もお届けしていきます!

生理カップってどんなアイテム?

生理カップは、医療用シリコンや天然ゴムで作られた鈴形の生理用品。大きさは、ピンポン玉くらいです。使用するときは、タンポンと同じように直接膣内に挿入して使います。タンポンと異なる点は、何度も使用することができるところ。カップに直接経血を受けるので、中にたまった経血を取り除けば、何度でも使用することができるのです。生理カップの寿命は5~10年ほどなので、一度購入してしまえば長く使うことができます。使い捨てのナプキンやタンポンと比べると、ずっとエコで経済的ですよね。
実は私が生理カップを使いはじめたきっかけも“エコ&経済的”だったから。毎月生理の度に使用するナプキンやタンポン。「これらを使わずに済めばゴミを削減できるのに…毎月かかる費用もムダだな」と思いつつ、「布ナプキンは手間がかかりそう…」と悩んでいたとき、友人に教えてもらったのが生理カップだったんです。
実際に生理カップを使いはじめてからは、エコで経済的なだけでなく、その使用感にも感動!生理中とても快適に過ごせるようになり、「もうこれなしでは生理期間を過ごせない!」という気持ちになりました。

生理カップの使い方

生理カップの使い方を紹介します。
生理カップを使用するときは、まずカップと手をきれいに洗います。そして、生理カップを折りたたんで膣に挿入していきます。この折りたたみ方にはいくつかの種類があるので、自分にとってやりやすい方法を選んでみるといいでしょう。(ちなみに私は折りたたみ方の動画をいくつかチェックしました!)生理カップが膣内に入ったら、最後にカップを開きます。違和感があるときは、膣をキューッと締めると定位置に移動してくれますよ。
外すときは、膣に力を入れて生理カップを押し出し、カップの下のつまみをつまんで引き出します。中にたまった経血は、洗面台で洗うかトイレに流します。その後、再び膣内に挿入しましょう。
生理終了後は、カップをぬるま湯+低刺激の石けんで洗い、煮沸消毒してから保管します。

生理カップのメリット&デメリットとは?

ナプキンやタンポンと比べて生理カップにはどのようなメリット・デメリットがあるのでしょう。実際の経験をもとにまとめてみました。

●メリット

環境にもお財布にも優しい!
さきほどもお伝えしたように、生理カップはエコ&経済的!ゴミが出ないので、地球環境に優しいですし、一度購入してしまえば長く使えるのでとっても経済的です。
生理中気持ちよく過ごせる!
ナプキンを使用していたときは、生理中のにおいが気になっていました。でも、生理カップを使いはじめてからは、においに悩まされることがなくなったんです!生理のときのいやなにおいは経血の酸化により起こりますが、生理カップをしていれば経血が空気に触れることがないのでにおいが発生しないのです。 また、ナプキンによる蒸れやかぶれも起こらなくなり、憂鬱な生理期間がとっても楽になりました。
長時間使用できる!
「生理中はナプキンをこまめに変えている」という人も多いのではないでしょうか。でも、生理カップなら最大12時間使用可能なんです。私自身は最大6~7時間くらいまでしか使用したことはありませんが、それでもナプキンを使用していたときよりトイレに行く頻度がぐっと少なくなりました。
生理中アクティブに過ごせる!
生理カップを使いはじめてから、生理中でも積極的にアウトドアやイベントを楽しむことができるようになりました。実際、キャンプや登山を趣味としている友人も生理カップを愛用しているようです。

●デメリット

慣れるまではひと苦労
生理カップを膣内に挿入するのにはコツが必要。実は私も、購入後3カ月はうまく使用することができませんでした。上手に使いこなせるようになるまでは練習が必要です。
初回は費用がかかる
生理カップの価格は3,000~5,000円くらい。ナプキンやタンポンと比べると価格自体は高くなります。ただ、一度購入してしまえば繰り返し使用することができるので、長い目で見ると経済的と言えるでしょう。
交換するときに手が汚れてしまう
生理カップを膣内に挿入したり取り出したりする際、どうしても経血で手が汚れてしまいます。私は外出時、できるだけ個室内に洗面台があるトイレを選んだり、流せるタイプの赤ちゃん用おしりふきを用意したりするようにしています。

このように生理カップにはメリットとデメリットがありますが、私にとってはメリットの方が多いです。慣れるまでは苦労するかもしれませんが、慣れてしまえば生理中快適に過ごすことができるようになるはずです!

新たな生理用品として注目されている生理カップは、とってもおすすめのアイテム。生理中の過ごしやすさが格段にアップするうえ、エコや節約にもつながるなんてうれしいですよね。「初めて知った!」という人も「気になっていたけど、なかなか手を出せなかった…」という人も、一度生理カップの魅力を体験してみてはいかがでしょう。

tweetする
@ecoring38さんをフォロー
シェアする
記事ランキング