エコリング

ブランド品の感動買取ならエコリング

エコラム エコラム

リサイクル・ライフスタイル・ファッション等、様々な情報を発信! リサイクル・ライフスタイル・ファッション等、様々な情報を発信!

お手入れ・保管

2019.11.7

体にも環境にも優しい!石鹸シャンプー生活を始めてみませんか?

「毎日使うシャンプーも、体や環境になるべく優しいものを使いたい!」という人は、石鹸シャンプーを試してみませんか?石鹸シャンプーには、シンプルなものや天然素材のものが多く、合成界面活性剤や合成ポリマーといった成分を使わずに髪を洗えるのが特徴です。
ここでは、筆者自身が半年ほど前から石鹸シャンプー生活を続けてみた経験をもとに、石鹸シャンプーのメリット・デメリットや、チャレンジするときのポイントを紹介します。

石鹸シャンプーは体にも環境にも優しい

石鹸シャンプーはなぜ体や環境に優しいといえるのでしょうか?そもそも一般的なシャンプーの多くには、合成界面活性、合成ポリマー、合成香料といったさまざまな成分が入っています。それぞれの特徴は次のとおりです。

合成界面活性剤
非常に強い脱脂力・洗浄力を持ち、頭皮の汚れをしっかり落とします。その一方、髪のキューティクルを作るタンパク質まで溶かしてしまったり、頭皮のバリア機能を壊してしまったりする原因にもなる成分です。
合成ポリマー
髪の表面をコーティングすることで、洗ったあとに髪をツヤツヤにし、指通りを滑らかにしてくれる成分。合成ポリマーが入っていると「髪にツヤが出た」と感じますが、髪自体が持つ自然なツヤを引き出しているわけではないそう。
合成香料
商品の個性のひとつともいえる、「香り」を出すための成分。ただし合成香料は、生態系に影響を与えかねないという研究結果も発表されています。

これらの成分が人の体に直接的な悪影響を与えるかどうかに関しては、賛否両論あるようです。ただしお肌が敏感な人のなかには、これらの成分を避けたほうがいい人もいるでしょう。また、合成界面活性剤や合成香料などは、家庭排水に混ざり、水生生物などにも少なからず影響を与えます。もちろん家庭排水は下水処理施設で一度処理されますが、排水の汚染がひどいほど、その処理機能も低下するそうです。
一方、シンプルな材料で作られた石鹸シャンプーには、これらの成分は入っていないので、体や環境にもより優しいといえるでしょう。ちなみに、液体タイプではなく固形タイプの石鹸シャンプーを使えば、シャンプーボトルなどが要らないのでプラごみの削減にもつながります。

石鹸シャンプーのメリット・デメリット

ここからは、石鹸シャンプーを実際に使ってみて感じたメリット・デメリットをご紹介します。

石鹸シャンプーのメリット
石鹸シャンプーは、通常のシャンプーのようにシリコンなどのヌルヌル成分がないので、泡立ちがいいわりにはスッキリと洗い上がるのが特徴です。そのため、洗髪に使う水の量が少なくて済むのはメリットだと思います。
また私の場合、石鹸シャンプーを使うまで背中ニキビがなかなか治りませんでした。ところが石鹸で頭を洗うようになってから、背中ニキビがだいぶ改善したように感じます。背中はシャンプーやコンディショナーなどが残りやすい部分。シリコンや合成ポリマーが入っていない石鹸シャンプーは、お肌に優しいだけでなく洗い流しやすいこともあり、背中ニキビの改善につながるのかもしれません。ちなみに、天然香料の石鹸シャンプーを使うようになってから、通常のシャンプーの合成香料の強い香りが苦手に…。「これが自然な感覚なのかな」と思うようになりました。
石鹸シャンプーのデメリット
石鹸シャンプーのデメリットとしてまず挙げられるのが、カラー剤が落ちやすくなってしまうということです。実際美容師さんに聞いたところ、石鹸シャンプーで洗うと通常のカラー剤ではすぐに色落ちしてしまうので、カラーリングをする場合は、石鹸シャンプーは避けたほうがいいのだとか。

そのほか、使う石鹸によっては石鹸カスがかなり残る場合があったり、洗い上がりがややバサバサになったりするのもデメリットだなと感じました。

石鹸シャンプーを使う場合のポイントは?

石鹸シャンプーは無駄な成分がいろいろ入っていないぶん、上手に使うにはいくつか気をつけたいポイントがあります。

洗う前にきちんとブラッシングする
石鹸シャンプーで洗うと、泡を流した直後は髪の毛がキシキシしてからまりやすくなる場合も。そのため、洗う前にしっかりブラッシングしてからまりにくくすることが大切です。ブラッシングすることで、髪や地肌の汚れを落としやすくする効果もあります。
自分に合ったリンスを使う
石鹸シャンプーで洗ったあと、髪はアルカリ性に傾きキューティクルが開くそう。これをもとの状態に戻すのが、シャンプーのあとに使う「酸性リンス」です。ちなみに、石鹸シャンプーで洗ったあとの髪の状態は、リンスによるといってもいい気がします。リンスもいろいろと出ているので、自分に合ったものを選ぶといいでしょう。ちなみに私の場合は、天然のカボス汁をお湯で薄めてリンス代わりに使うのがいちばんしっくりきました。

石鹸シャンプーは使いにくさやデメリットを感じることもありますが、コツさえつかめば無理なく使い続けることもできます。ナチュラル志向の人や、化学成分に頼らない髪質になりたいと考えている人などは、チャレンジしてみてくださいね。

tweetする
@ecoring38さんをフォロー
シェアする
記事ランキング