アクセサリーや小物が汚れたときのお手入れ方法 | ブランド品の買取ならエコリング

エコリング

ブランド品の感動買取ならエコリング

エコラム エコラム

リサイクル・ライフスタイル・ファッション等、様々な情報を発信! リサイクル・ライフスタイル・ファッション等、様々な情報を発信!

お手入れ・保管

アクセサリーや小物が汚れたときのお手入れ方法

小物緊急時のお手入れ1

貴金属や小物は使っているうちに汚れや、さびがでてきます。長く愛用するためのお手入れの方法をご紹介します。

アクセサリーなど小物はどんな汚れに弱い?

ピアス、ネックレスなどアクセサリーの小物は直接肌に触れることも多いため、皮脂汚れや汗汚れがつくとくもりや変色をしてしまうことが多いのです。そして長年使っているとどうしてもさびや黒ずみがでてきてしまうのです。特にシルバー製品は酸化しやすく、黒ずみが目立ちます。財布などの革製品は手垢や開閉によるファスナー部分や留め金部分の劣化や汚れが挙げられます。

小物を長くきれいに使うためのお手入れ方法

ゴールドやシルバー製品は、専門のクロスで磨くことが一番簡単な方法です。使ったあとは、必ずクロスで汚れを落としておけば大丈夫です。ちょっと油膜がかかってくもりが気になるようでしたら、中性洗剤で洗ったあと、柔らかい布できちんと水気を拭くと輝きが戻ります。シルバー製品で全体に錆がでてきてしまったら、アクセサリークリーナーに浸して全体をクリーニングしましょう。シルバーの美しさがよみがえります。

ブランド品・シャネルの小物の手入れ方法

小物緊急時のお手入れ2

シャネルはチェーンショルダーがおしゃれなバッグも有名ですが、財布や時計、ジュエリーも人気があるアイテムです。ほかのブランドと同様、お手入れをこまめにすれば長く愛用できる品です。時計やジュエリーは、柔らかい布で汚れを落としておくことが大切です。お財布についたボールペンなどの汚れは、革専用のクリーニングクリームや、アルコールや消毒用エタノールで落ちる、といった口コミもあります。ただ、ペンのインクが革に浸透しているような状態や、あまりにひどい汚れは自宅では対応しきれませんので、正規販売店でクリーニングをするほうが良いでしょう。そのほか、チェーンショルダーが切れた場合や、マグネットホックが壊れた場合も正規販売店で修理することができます。

ブランド品や小物をお手入れするときの注意点

以上、アクセサリーやブランド小物のお手入れ方法をいくつかご紹介しました。ただこれは、カジュアルタイプのジュエリーや小物の緊急時に限ったお手入れ方法と考えておいたほうが良いでしょう。品質や材質によっては、クリーニング洗剤や保湿クリームが合わず、シルバー部分が剥げてしまったり、変色をしてしまったりということもあります。購入した際にそれぞれの材質にあったメンテナンス方法を必ず確認しておきましょう。正しいお手入れと、まめなクリーニングをすることが長くきれいな状態を保つことができる秘訣なのです。

tweetする
@ecoring38さんをフォロー
シェアする