大切な家電を長く使うためのお手入れマニュアル | ブランド品の買取ならエコリング

エコリング

ブランド品の感動買取ならエコリング

エコラム エコラム

リサイクル・ライフスタイル・ファッション等、様々な情報を発信! リサイクル・ライフスタイル・ファッション等、様々な情報を発信!

お手入れ・保管

大切な家電を長く使うためのお手入れマニュアル

家電お手入れ1

毎日使う家電は私たちの生活になくてはならない大切なものです。そんな大切な家電を長く使うためのお手入れのポイントを紹介いたします。

エアコンなど季節家電のお手入れ方法

エアコンはフィルターにホコリが詰まると効率が悪くなり、電気もより消費します。最低でも月に一回ほど掃除をすることを心掛けましょう。まずエアコン本体を雑巾で拭きホコリを取り除きます。前面のパネルを取り外し、パネルとフィルターの汚れを掃除機や歯ブラシで取り除きます。吹き出し口とルーバーを固く絞った雑巾で拭きます。エアコンの掃除が終わった際は必ず送風運転をして動作確認を行いましょう。次は電気カーペットのお手入れ方法です。まず洗濯機で洗えるのか、手洗いなのか、洗えないものか確認しましょう。洗濯機で洗う時は中性洗剤を使い、柔軟剤で仕上げるとふんわりとした仕上がりになります。手洗いは優しく押し洗いをしてシャワーですすぎましょう。洗えないものは干してから掃除機をかけたり、ブラッシングやコロコロで細かいホコリを取り除くことが大切です。

冷蔵庫や洗濯機などの生活家電のお手入れ方法

家電お手入れ2

冷蔵庫は常に食材が入っているためなかなか掃除がしにくいものです。ですが毎日のお手入れの他に三か月に一度は徹底的に掃除することも大切です。外せるパーツは外して台所用洗剤を使って丸洗いします。無理に外して壊してしまわないよう取扱説明書を確認しましょう。次に冷蔵庫の中、ドアのゴムパッキン、外側の取っ手部分などを丁寧に拭きます。普段目の届かない冷蔵庫の上部にもホコリがたまっていますので、こちらも綺麗に取り除きましょう。次に洗濯機はカビの宝庫です。少なくとも月に一回はお手入れしましょう。酸素系漂白剤などを使用し、五分間洗いで回した後三時間以上放置します。カビや汚れが浮かんできますので必ず取り除きましょう。通常通り回した後、洗濯槽を乾燥させたらお掃除完了です。

お手入れする際のおすすめの洗剤

汚れに強く殺菌作用がありカビにも効果があるエタノールは、冷蔵庫などキッチン家電のお掃除の強い味方です。二度拭きが必要ないのもポイントが高いです。また優れた洗浄効果で重曹は人気が高いです。油汚れにも強く、消臭作用や研磨作用がありますので、油汚れや焦げつきの掃除、電子レンジ内の脱臭や掃除、洗濯槽の皮脂汚れなどに高い効果を発揮します。そして、その重曹の良さに更に炭酸ナトリウムの効果がプラスされたセスキ炭酸ソーダの人気が高まっています。炭酸ナトリウムは重曹より汚れが落ちやすく水に溶けやすい特徴を持っています。ですのでより油汚れや皮脂汚れを落とすのに向いています。しかし焦げついた汚れを落とすのは重曹の方が向いていますので、其々の効果を知ったうえで使い分けることが大切です。

tweetする
@ecoring38さんをフォロー
シェアする