できるだけ長く一緒にいたい相手、カルティエの財布 | ブランド品の買取ならエコリング

エコリング

ブランド品の感動買取ならエコリング

エコラム エコラム

リサイクル・ライフスタイル・ファッション等、様々な情報を発信! リサイクル・ライフスタイル・ファッション等、様々な情報を発信!

お手入れ・保管

できるだけ長く一緒にいたい相手、カルティエの財布

自分でお手入れ・カルティエ・財布1

数あるブランド財布の中でも、カルティエは世界中にファンがいるビッグブランドの一つです。しかし、繊細に作られたカルティエ財布であるからこそ、大事にメンテナンスをして長く持ちたいものです。ここでは、日頃の扱い方やメンテナンスの方法に触れてみます。

日頃から優しく丁寧に使ってあげましょう

いくらカルティエがビッグブランドでしっかりと信頼のできる作られ方をしているとはいえ、日頃の使い方が悪いとすぐに傷んでしまいます。まずは日常の扱い方に注目してみましょう。第一に、あまりに中に物を詰めすぎてしまうのは好ましくありません。必要以上に詰め込みすぎるのは、型崩れのもとです。一度広がってしまった財布を元の形に戻すことは非常に難しく、できるとしても時間もお金もかかります。そんな事態を避けるためには、やはり日頃の使い方で予防するしかありません。次に、できれば、使った後には購入した際についていたボックスの中に入れて収納してください。ホコリや汚れなどから財布を守ることも、日頃のケアの一つです。また、水分や化粧品、香水などにも気をつけましょう。濡らしてしまったり化粧品が付着したりすると、変色や変形の原因になる可能性もあります。直射日光が当たる場所や高温多湿の場所に放置するのもタブーです。やはり日光などの影響で財布が変形する恐れがあります。財布によっては、クラスプが磁石になっているものありますが、この磁石にはあまりこちらはクレジットカードなどの磁気カードを近づけないほうが良いでしょう。カードの磁気を消されてしまう危険があります。

しっかりメンテナンスをすれば、答えてくれるのがカルティエ財布

自分でお手入れ・カルティエ・財布2

カルティエの財布は、基本的にレザー製品ですので、ベーシックなお手入れとしては乾いた布で優しく拭いてあげることです。ケア製品やワックス、防水材などの洗剤は使用しないようにしてください。レザーと相性の悪いものを使ってしまうと、劣化してしまう恐れがあります。財布に限らず、カルティエのレザー製品はどれもスリムで薄く繊細な造りとなっていますので、それに見合うお手入れをしてあげることが最善と言えるでしょう。一般的に薄めのレザーのお手入れには靴用の乳化性クリームが良いと言われているようですが、ほとんどの靴用クリームにはワックスが含有されているので、変に光沢が出てしまう可能性もあります。オイル類を使うと、浸透性が良すぎてシミになってしまうこともあるようです。ではどのようなやり方がいいかと言えば、実は難しいメンテナンスが必要というわけではなく、シンプルにソフトな布で拭いてあげるというやり方が一番効果的なのです。汚れが気になる場合には、無香料、無着色の石鹸水を少しだけ使って拭いてあげましょう。そしてもっとも効果的なメンテナンスは、普段使いすることにあります。大事なカルティエ財布ですからここ一番だけに使いたいという人もいるかもしれませんが、薄いレザーの製品というのは頻繁に人の手に触れられることによって味わいを増していきます。ワックスやオイルなどを使わなくても、毎日触ってあげて汚れは拭き取ってあげるだけで長くつきあっていけるコンディションを保てるのです。

tweetする
@ecoring38さんをフォロー
シェアする