エコリング

ブランド品の感動買取ならエコリング

エコラム エコラム

リサイクル・ライフスタイル・ファッション等、様々な情報を発信! リサイクル・ライフスタイル・ファッション等、様々な情報を発信!

お手入れ・保管

2019.5.24

リサイクルショップやフリマで古着を買うときのチェック項目&簡単お直し!

古着と聞いて思い浮かべるイメージはどのようなものでしょうか。
もしかしたら「ボロボロ」「不衛生」「ダサい」「みすぼらしい」というようなネガティブなイメージもあるかもしれません。
実は古着の世界は宝の山!特に実店舗やフリマなどで実際に手に取って選ぶのがおすすめ。ポイントを抑えて選別し、適切なお手入れをすれば、新品を買うよりも圧倒的に経済的でおしゃれ!何よりエコなんです。
今回は、古着購入のメリットや、購入までにチェックするべきポイント、自分で着るまでの簡単なお手入れ方法などをご紹介します。コツを掴めばまるで宝探しのような古着の世界を、早速覗いていきましょう。

あなたもハマるかも!古着購入の魅力とは?

古着購入の最大のメリットは「安い」ということ!新品の服なら一枚しか買えない金額でも、古着なら何枚も買えてしまうというのが嬉しいですよね。
また、普通のショップと違って圧倒的な物量が在庫されているのも魅力。
時間と手間をかければお気に入りのアイテムがお値打ち価格で手に入ります。玉石混合の中から見つかる品物はさまざまで、ブランド服やハンドメイドの一点物など、ジャンルは多岐に渡ります。そんな古着の中には、最新トレンド服にはない時代性を感じるつくりやデザインなど、古着ならではの魅力溢れる品物もたくさん混ざっているので要チェックです。たくさんの服の中から特別な一着を見つけたときの喜びはまるで宝探しのようでワクワクしますよ。また、誰かにとって不要なものが巡り巡って自分に渡ってくるという感覚も、バトンタッチのような縁を感じて楽しいものです。
古着探しの場所として最もおすすめなのは、一般の人々が出店しているフリーマーケットイベントです。家庭の不用品を出品している場合、出店者は利益より不用品処分の側面が強いため、持ち帰りが少なくなるようたたき売りしている場面が多々見られます。このため、ブランド古着などもネットの相場よりかなり安く出品されていることが多いです。また、前の持ち主の顔がわかるというのも購入するうえで安心感が増しますよね。
次におすすめなのは大手リサイクルショップです。店舗で検品、管理しているため、ある程度の保存状態は保障されています。また、値札に価格や商品情報が記載されている場合が多く、古着の程度を把握しやすいのもポイントです。大手リサイクルショップではポイントカードやまとめ購入割引などセールイベントも多く行われているため、よりお得に購入するにはそういった情報もチェックすると良いでしょう。

これは買い?古着購入前にチェックするべきポイント

古着の山の中から気になるアイテムを見つけた場合にチェックすべきポイントを紹介します。

全体のコンディション
・縫い目のほつれ
縫製が甘くなっている箇所が無いか、全体をチェックしましょう。年代物の場合、一見きれいでも縫製の糸が劣化している場合があります。
・シワや毛羽立ちの有無
シワが多いとその他のダメージを見落としやすいため注意。毛羽立ちはセルフお手入れで解消できることも。
・シミ
食べこぼしのシミは特に前身頃部分やボトムスの太もも部分に見られます。古着のシミはいつ何が付着したかわからないため、落とすのは困難なケースも。カビの発生によるシミもあります。
・虫食い
虫食いと見られる穴が開いているものは要注意。穴は修繕できますが、虫や卵が付いている可能性があります。簡単なチェックの仕方は、衣類を蛍光灯などの光源にかざして裏から透かして見ること。光に透けて小さな穴でもわかりやすくなります。
・黄ばみ、色あせ
白系の衣類は特に襟元、脇の下など注意が必要です。前の持ち主の皮脂や汗汚れが洗濯で落ち切らず、経年により黄ばみとなることは多くあります。色あせは、物や程度によってはそれを良しとする購入者もいる点が古着の奥深いところです。
・臭い
前の持ち主の体臭や、カビ臭さの有無をチェック。ひどいものだと、洗濯やクリーニングで臭いがとれない場合もあります。
・ボタンやジッパーなどの状態
劣化してボタンが割れていたりジッパーが開閉できず着用できない場合があります。
タグ表記
洗濯表示、素材表示は必ずチェックすることが重要。
自宅で洗えるか、というのが古着購入時の最大のチェックポイントです。また、ブランド名や生産国、素材をチェックすることで元々の価値が高いものなのかなど、品質の目安にもなります。自分のサイズに適合するかどうかのサイズ表記チェックも忘れずに。

裁縫ができなくても!自宅で古着を簡単ケア

購入した古着にややダメージがあった場合、程度の軽いものであれば自分で修繕することができます。着用する前にケアしておけば、見違えるほどきれいになるかもしれません。
ここでは素人にでもできる簡単なケア方法を紹介します。

  • 1.まずは自宅で洗濯しましょう。
  • 2.丁寧にアイロンがけをしましょう。スチーム機能を使ってしっかりとかけることで、衣類の虫も駆除できます。
  • 3.ホコリ取りブラシや毛玉取り機で全体の毛羽立ちや毛玉、ホコリを除去します。毛足の長いものなどは衣類用のブラッシングで毛流れを整えます。
  • 4.丈が少し長かった、もしくはほつれていた場合は、針と糸でに縫い付けることもおすすめですが「裾上げテープ」とアイロンを使うことでより簡単に裾直しが可能です。
  • 5.小さな穴が開いていた場合は穴かがりという縫製の技法もありますが、アイロンで付けられる「補修布」を使用すれば非常に簡単です。
  • 6.ボタンがゆるんでいたらつけ直しましょう。

以上のポイントを整えるだけで、古着の使用感はかなり改善されます。物によっては新品に近い状態まで回復することも!

古着購入の魅力と選ぶときのポイント、購入後の簡単なケア方法を紹介しました。
ジャンルレスな大量の服の中から自分のお気に入りを見つける古着購入には、一期一会の楽しさがあります。また、古着でおしゃれを楽しむためには、丁寧な検品とケアが必要です。
ポイントを掴むことで、リサイクルショップやフリマが宝の山のように見えてくるはず。是非この記事を参考に、古着探しに出かけてみてくださいね。

tweetする
@ecoring38さんをフォロー
シェアする
記事ランキング