生活に欠かせない家電のメンテナンスの仕方 | ブランド品の買取ならエコリング

エコリング

ブランド品の感動買取ならエコリング

エコラム エコラム

リサイクル・ライフスタイル・ファッション等、様々な情報を発信! リサイクル・ライフスタイル・ファッション等、様々な情報を発信!

お手入れ・保管

2016.8.9

生活に欠かせない家電のメンテナンスの仕方

家電季節ごとの保管1

私たちの生活に潤いを与えてくれる家電ですが、突然壊れてしまうと想像以上に不便に感じることもあります。取り扱い方法を守り、メンテナンスを行うことで故障や破損を防ぐことが大切です。

家電の故障原因について

家電にはもちろん寿命がありますが、最後まで使い切るためには使い方に少しの注意を払うことが大切になってきます。家電の故障の原因となりうる事象として挙げられるのが、水濡れ、ホコリ、落下などが考えられます。どれも少しの注意で防げますが、故障したまま使用を続けると思わぬトラブルを引き起こすこともあります。また、配置環境も見直してみましょう。窓や冷暖房などの寒暖差の大きい場所に設置している場合、湿度の高い部屋や水飛びの多い場所での使用など、思わぬことが家電に悪影響を及ぼしていることがあります。少しでも異常を感じた時には使用を止めるようにしましょう。また、長期間使用しない間に本体内部にホコリ、塵、湿気が溜まることによって、故障を引き起こすことも考えられます。

自分でできるメンテナンス方法

家電季節ごとの保管2

故障を防ぐためにも、自分でできるメンテナンスを行うことが大切になってきます。コンセント回りのホコリや汚れは引火し、火災事故を招く恐れがあるため、家具の裏にあるコンセントなどは定期的にホコリを取り除くようにしましょう。使用頻度の高い家電は、意外と異常に気付きにくいものです。ふとした時に「こんな異音がしたかな?」「こんな動きをしたかな?」と初めて気づきます。定期的にメンテナンスをすることをお勧めします。オフシーズンとなり、数か月使わない時には柔らかい布などで本体を拭き、内部もしっかり掃除しましょう。保管時もホコリや塵が被らないように保管をするようにします。家電に慣れていない方でも、取り扱い説明書を見ればメンテナンス方法が記載されていますので、そちらを参考に行ってみて下さい。

家電を長持ちさせるコツ

高性能、高機能といったハイスペックな家電ですが、その分購入費用も高くなります。故障による修理費用を抑えるためにも、メンテナンスは大事になってきます。日頃どのようなことに気を付けると良いのかをご紹介いたします。基本はほこりや塵、水分などを付けたままにせず、清潔を保つことにあります。その他に注意したいのが、多くの家電に付いているリモコンです。これは乾電池の液漏れが故障の原因として高くなっています。使う予定がないリモコンは、必ず乾電池を抜いて保管するようにしましょう。また冷蔵庫や洗濯機のような容量が限られている家電は、必ず守るようにしましょう。そして家電の多くにある可動部は丁寧に扱うように心がけることも長持ちさせるコツです。

tweetする
@ecoring38さんをフォロー
シェアする