小物の保管を行うときにはスペースを上手に使いましょう | ブランド品の買取ならエコリング

エコリング

ブランド品の感動買取ならエコリング

エコラム エコラム

リサイクル・ライフスタイル・ファッション等、様々な情報を発信! リサイクル・ライフスタイル・ファッション等、様々な情報を発信!

お手入れ・保管

2016.8.12

小物の保管を行うときにはスペースを上手に使いましょう

小物の保管スペース1

小物の保管は、気を付けていないとバラバラになってしまいがちです。上手に美しく保管する方法をご紹介します。

種類ごとにまとめましょう

小物を収納する時は、まず大きさによって分けて整理しましょう。おもちゃや家電の付属品など、セットになっているものは大きさが違っていても、1つにまとめておいた方が後からわかりやすいです。ケースはあまり大きいものを選んでしまうと、中でバラバラになってしまうので、小物の種類やサイズに合わせたものを用意しましょう。中身が確認できる透明のケースに、収納した物を書いたラベルを貼っておけば、確認が簡単になるのでおすすめです。小物を保管するケースは100円ショップなどにたくさん種類があり、費用も抑えられるので、ぜひ活用してみてください。アクセサリーなどの小物は、ピルケースを利用してみるのも良いでしょう。また、ウォールポケットなどに日々使う小物を保管しておけば、紛失も防げますし、すぐに取り出す事もできるので便利と言えます。

保管スペースに収納する時のポイント

小物の保管スペース2

小分けにして収納した小物を保管スペースに入れる際には、空間を上手に利用しましょう、ケースが重ねられるタイプのものであれば、空間を上手く使う事ができて便利です。ただし、あまりたくさん積み重ねてしまうと、下のケースに負荷がかかるため、重たいものを下にして、取り出す頻度が高いものを上にするなど、重ねる順番を考えましょう。また、保管スペースにはあまりたくさんの物を収納しない方が見た目もすっきり見えますし、取り出す際にも簡単です。保管スペースがあまり無い場合には、見せる収納として小物を保管するといった方法もあります。その場合はデザインの優れたかごやラックを使用して、小物を色ごとや大きさごとに並べるだけで、部屋のオブジェのようにも見せることができます。

不要な小物は思い切って捨てましょう

物が増えるほど保管スペースが狭くなり、必要な時に物が取り出しにくくなってしまいます。しばらく使っていない物は、知人に譲るのもいいですが、リサイクルショップなどに売りに行くなど、思い切って処分をしましょう。家電やおもちゃなどの付属品は、本体を処分する際に一緒に処分するなど、定期的に保管スペースの整理整頓を行います。保管スペースは少し余裕がある方が見た目もすっきりして綺麗ですし、物の在り処もわかりやすく取り出しやすいです。同じ用途や種類のものを全部取り出して確認すると、無駄にいくつかあることもあります。大切なことは、いつか使うだろうとあまりたくさんの物を保管しない事と、定期的な整理整頓ではないでしょうか。

tweetする
@ecoring38さんをフォロー
シェアする