エコリング

ブランド品の感動買取ならエコリング

エコラム エコラム

リサイクル・ライフスタイル・ファッション等、様々な情報を発信! リサイクル・ライフスタイル・ファッション等、様々な情報を発信!

お手入れ・保管

2018.8.6

部屋をシンプル&おしゃれに見せる、エコな簡単収納術

テレビや雑誌に出てくるような、おしゃれな部屋に憧れる人も少なくないでしょう。一方で、「どんなに片付けてもなぜか部屋がゴタゴタして見える」「自分にはセンスがないから頑張っても無理」と諦めている人もいるかもしれませんね。
ゴタついて見える部屋でも、ちょっとした工夫次第で美しく見せることは可能です。わざわざ高い収納グッズやインテリア用品を買い足す必要もありません。我が家でも実践している、お金をかけずに部屋をシンプル&おしゃれに見せるエコな収納術のポイントをご紹介するので、参考にしてみてくださいね。

全体のテイストを合わせる

部屋がゴタゴタ見える原因のひとつとして、いろんなテイストが入り混じっていることが挙げられます。まずは収納に使うアイテムに注目してみましょう。小物を収納する入れ物も、シックな物やガーリーな物が入り混じっていたり、色がバラバラだったりはしませんか?実は私自身、どんなに片付けても部屋が綺麗に見えないのが悩みでした。そこでインテリア関係の本などを参考に実践したのが、まず収納アイテムのテイストを統一すること。
文房具やおもちゃ、日用品などの収納を選ぶ場合は、百均アイテムでも構わないので、すべて同じテイストの物を選ぶのがポイントです。木製のバスケットだけ、白いボックスだけ、というようにデザインや形をあらかじめ決めて揃えましょう。全体のテイストを統一するだけで、ぐっと部屋がすっきりして見えるはずです。
また、「自分にはセンスがない」と感じている人は、ピンクやイエローなどのビビットな色はなるべく避け、無難なモノトーンやベージュ系などを選ぶといいかもしれません。全体を落ち着いたトーンにすることで、部屋がごちゃごちゃして見えるのを防止することができます。この点に注意することで、知人からも「いつも部屋が綺麗だね」とよく言われるようになりました。

物を減らす

家の中に余分な物が溢れていることも、部屋が美しくおしゃれに見えない大きな要因のひとつです。きちんと片付けているはずなのに、気付けば部屋に物が散乱していたり、クローゼットから溢れ出ていたりといったことはありませんか?

私たちが所有するアイテムには、「毎日使う物」「ときどき使う物」「ほとんど使わない物」があります。このうち「毎日使う物」は必要不可欠なので、常に取り出しやすい身近な場所に置いておきたいですよね。「ときどき使う物」は、ときどき取り出せればいいので、押し入れや収納棚の中でいいでしょう。問題は「ほとんど使わない物」。ほとんど使わない物が収納を占領していると、余計な収納スペースが必要になったり、ほかの物が収まりきらず、出っぱなしになったりすることも。この「ほとんど使わない物」を処分することも、部屋をシンプルに見せる収納術のポイントです。
我が家の場合、「たとえ使わなくても、捨てるのはもったいない」と感じる物は、買取専門店に持っていくようにしています。買取専門店には、使わなくなったブランド物の服やバッグはもちろん、靴や家電製品、食器など、さまざまなジャンルのアイテムを買い取ってくれる業者も少なくありません。家中の不要な物をまとめて持って行けば、一気にスッキリできる上にちょっとした収入にもなります。また、不用品を処分し、本当に使う物を必要最小限だけ残すと、次に何かを購入するときにも、それが本当に必要かを考える習慣が身につくようになりました。

シンプルな紙袋を活用

どんなに綺麗に部屋を整頓しても、広告や手紙類、日用雑貨など、部屋の統一感を損ねるような物が出てくる場合もあります。このような細々とした物を手軽に収納したい場合は、紙袋を使うのがおすすめです。100円前後で売られている茶色や白のシンプルな物でも構いませんし、家庭にあるちょっとおしゃれな物を使えば、環境にも優しい上に経済的でエコにもつながります。ここで、紙袋を使った簡単収納術の例をご紹介しましょう。

◎そのままぶら下げ収納として
紙袋をそのまま使えば、フックなどにかけてぶら下げ収納になります。部屋のあちこちにぶら下げていると散らかった印象になりかねないので、部屋の隅っこなどに「紙袋コーナー」を作るのもいいでしょう。

◎ボックス代わりとして
紙袋の上半分を折れば、おしゃれなボックスに早変わり。テーブルの上に散らかっている物をささっとまとめたいときなどにも便利です。

全体に統一感を持たせることと、不要な物を処分することの2点を、シンプル&おしゃれな部屋に見せる収納術のポイントとしてご紹介しました。「ちょっと部屋が散らかってきたな」という場合などは、即席の紙袋収納で手軽に整理もできます。自分の家を理想の「おしゃれな部屋」に近づける第一歩として、ぜひ実践してみてくださいね。

tweetする
@ecoring38さんをフォロー
シェアする
記事ランキング