ブランド品の保管とお手入れの方法について | ブランド品の買取ならエコリング

エコリング

ブランド品の感動買取ならエコリング

エコラム エコラム

リサイクル・ライフスタイル・ファッション等、様々な情報を発信! リサイクル・ライフスタイル・ファッション等、様々な情報を発信!

お手入れ・保管

ブランド品の保管とお手入れの方法について

思い切って購入した高級ブランドバッグは、せっかくなら長持ちさせて大切に使っていきたいものです。お気に入りの高級ブランドバッグを、毎日使用しても長持ちさせる方法をご紹介します。

虫干しをしましょう!

カバンなどのブランド品にとって、大敵のひとつとなるのが、カビです。ヨーロッパなどで生まれたブランド品のほとんどは、日本での湿気を想定していません。大切なブランド品を長持ちさせるためにも、事前の対策を知っておく必要があります。

お手入れ・保管・整理整頓1

保存袋に入れるの控えましょう。

高級ブランドを購入すると必ずついてくる保存袋に入れて保管している方も多いことでしょう。しかし保存袋に入れて保管しておくと、湿気がブランドバッグに溜まりやすくなってしまいます。さらに、箱に入れたままの場合、片崩れの原因にもなります。まずは袋や箱から出して、タオルなどを詰めて保管しましょう。あまりにもギュウギュウにするのは良くありません。また、新聞紙を詰める方もいますが新聞紙の色がバッグに移ったりするので、通気性の良い白いタオルなどを詰め、ときどき出して虫干しをしましょう。どうしても袋や箱に収納したい方は、食品についてくる乾燥剤を一緒に入れ、定期的に取り換えましょう。これだけでもかなりの効果はあるでしょう。

日ごろのメンテナンス

高級バッグには革が使用されているものが多いものです。全体が革製品のもの、持ち手の部分だけ革が使われているもの、合革や本革など色々あります。革製品は素材に合わせて、ケア用品専門のメーカーで定期的に手入れすると色つやが蘇ります。また、雨の日は使わないことが一番いいのですが、急に雨が降ってくる場合もあります。そういう時の為に、事前に防水スプレーをしておくことをお勧めします。しかし素材によっては、防水スプレーで色が変わってしまうものもあるので、購入時に店員に必ず尋ねましょう。

お手入れ・保管・整理整頓2

日本にあったお手入れを

高級ブランド品のほとんどはヨーロッパの気候に合わせてつくられています。日本は湿気が多い国ですので、ほっておくとあっという間に加水分解を起こし、バッグにカビや変色を起こすことになってしまいます。高級ブランド品は高価なものですので長くきれいなままで愛用したいものです。その為に、日ごろからケアを怠らずに大事に扱うことが重要です。

取っ手などは使用後に必ず拭く

白をはじめとして色の薄いバッグは、どうしても全体的に汚れがちです。特に取っ手のところはどうしても汚れが付きやすいため、使い終わった後は、必ず汚れを布でふき取りする事を忘れないようにしましょう。何のお手入れもせずにいると、何度も使ううちに取っ手の部分が黒くなってしまいます。そうなる前に、使うたびに汚れをふき取るようにすれば定着しないで済みます。汚れをためないように、使用後にはホコリを払ったり、汚れをふき取りましょう。

tweetする
@ecoring38さんをフォロー
シェアする