ジュエリーに合ったお手入れと正しい保管方法 | ブランド品の買取ならエコリング

エコリング

ブランド品の感動買取ならエコリング

エコラム エコラム

リサイクル・ライフスタイル・ファッション等、様々な情報を発信! リサイクル・ライフスタイル・ファッション等、様々な情報を発信!

お手入れ・保管

ジュエリーに合ったお手入れと正しい保管方法

大切なジュエリーをいつまでもきれいに身につけられるお手入れ方法や保管方法を紹介します。日頃のちょっとしたお手入れがジュエリーの寿命を左右します。少しでも長く輝かせるために、正しいケアが必要です。

長持ちさせる秘訣

ジュエリーは、少しだけお手入れ方法や保管方法に気をつけるだけで、いつまでもその輝きを保つことができます。身につけたら、拭いて、しまうのがケアの基本です。日頃のちょっとした心がけと定期的なお手入れが、ジュエリーの輝きを長持ちさせる秘訣です。

お手入れ・保管・ジュエリー1

ケースにしまう前に必ず拭く

使用後は、柔らかい布などで汗や汚れ、水分などを軽く拭き取りましょう。 1日つけたジュエリーには、汗や外気の汚れ、皮脂などが付着しています。帰宅して外したら、ジュエリー ケースにしまう前に、すぐにきれいな柔らかい布で拭いてあげてください。ほこりはジュエリーを変色や退色させる原因となります。ジュエリーをこするように拭くのではなく、振り払うようにほこりを拭くのがコツです。

個別に保管

ジュエリーは、空気中に放置しておくと、シルバーやゴールドなどは曇りや変色を引き起こします。チェーンが絡まったり、ジュエリー同士が触れ合ってキズがついたりしないよう、留金やピンをしっかり留め、ひとつずつジュエリーを個別に分け、なるべく空気に触れないよう仕切りのあるケースに保管してください。小さなジッパーロック付きの袋に入れ、ジュエリーボックスで保管することをお勧めします。その際、チェーンを全部袋に入れると絡まってしまうため、チェーンの先だけを外へ出してしまうのがポイントです。

お手入れ・保管・ジュエリー2

硬度

また、様々な宝石の種類がありますが、それぞれが違った硬さをしています。硬いと思える宝石でも、実はとてもデリケートです。硬度が低いものになると傷が付きやすかったり、欠けやすかったりします。無造作に置いておいたり、ジュエリーBOXの中で無造作に保管をすると、中でぶつかり合ってしまい、硬度の低い宝石には傷が付く可能性があります。そのため必ずジュエリーを保管する時は、細かく仕切られたジュエリーBOXで大切に保管してください。

ゴールドのお手入れ方法

ジュエリーなどにも多く使用される金は『耐腐食性』に優れており、日ごろののお手入れさえ怠らなければ、長い間美しい輝きを保つ事ができます。普段はやわらかい布を使って汗やほこりなどを拭きましょう。ジュエリーは常に体と密着しているものなので、皮脂や汗などが黒ずみの原因になります。また細かな傷が原因で、黒ずんで見えてしまう場合もあります。比較的に金は、扱いやすい素材といえますが、強い力で拭いたり、研磨剤入りのクリーナーなどを使ったりするお手入れは避けましょう。

tweetする
@ecoring38さんをフォロー
シェアする