ブランド品の感動買取ならエコリング

Column

エコな生活

無印良品の水ボトルがかわいい!無料で水をチャージしてプラゴミを減らそう

2020.12.18

20201218_2_2

皆さんは暮らしの中で実践しているエコはありますか?シンプル好きさんには定番人気のライフスタイルショップ『無印良品』では、おしゃれで実用的な独自のエコアイデアが展開され、度々話題になっています。今回はそんな無印のエコサービス「自分で詰める水」のシステムについてご紹介します。

無印良品の「自分で詰める水のボトル」って知ってる?

2020年7月1日から無印良品でサービスを開始した「自分で詰める水」。ペットボトルごみの削減を目的に、飲料水や環境について消費者ひとりひとりが考えていくことを提案する新たな取り組みです。
こちらの大きく「水」と書いてある空ボトルは、無印店舗やオンラインで販売されている商品。使い捨てではなくマイボトルとして何度も水を入れて持ち歩けるというコンセプトと、無印らしいシンプルなデザインが特徴的ですよね。
丸みを帯びたやや平たい形状のボトルで、バッグにすっと入りそうな薄型の形。キャップはペットボトルのようなひねりタイプで飲みやすい広口です。万が一キャップをなくしたときや、詰め替えの衛生面が気になる人にはキャップのみ別売りも対応しているので安心です。食洗機や電子レンジには非対応なので注意してくださいね。
こちらの「自分で詰める水のボトル」はレジカウンター近くや食品コーナーで販売されていることが多いようなので、まずは最寄りの無印店舗で在庫をチェックしてみてはいかがでしょうか。

自分で詰める水のボトル 330ml 190円(税込)

システム&購入方法を紹介

20201218_2_3

この取り組みのもう一つの特徴は、無印良品店舗内の給水器でいつでも何度でも無料で給水ができるということ。
まずは店舗のレジで水のボトルの会計を済ませ、その後に店舗内に設置してある給水器で水を補給しましょう。美味しい飲料水が無料でいつでも給水できるので、もうコンビニや自動販売機でわざわざお水を買う必要はありません。出先で飲料水がなくなったら、最寄りの無印良品で給水して繰り返し使えるというのが面白いですよね。まさにお財布にも環境にも優しい、無印良品らしいシンプルでエコな取り組みと言えるでしょう。

※給水器を設置していない店舗もあります。(全国順次設置予定)

MUJIマイルも効率よく貯められる!

20201218_2_4

また、無印良品には店舗やオンラインで使用できる独自のポイント「MUJIマイル」というシステムがあります。あらかじめ無印良品アプリ「MUJI passport」に登録しておけば、お買い物やWEBサイト利用、あるいは店舗にチェックインするだけでもMUJIマイルが貯まっていきます。お買い物目的じゃなくても、給水をしに無印に立ち寄るだけでマイルが溜まるのはちょっと得した気分ですよね。
さらに専用アプリ「水 – MUJI Life」を利用することで、自分がこれまでの無印店舗でどれだけ給水したかをチェックできます。日々の環境への貢献度が視覚化されるので、日常的にマイボトル習慣をがんばれる!という画期的な仕組みです。さらに、使用済みの水ボトルは店舗で回収するなど、使いはじめから使い終わりまでエコを徹底しているのが無印良品のすごいところ。
毎日何気なく買ってしまうペットボトル飲料やそれによって排出されるゴミについて、生活の中でしっかり向き合うことが大切だと気付かされます。

まとめ

無印良品の新たなエコシステム「自分で詰める水のボトル」についてご紹介しました。無印の提唱するライフスタイルはシンプルでエコなだけでなく、暮らしをちょっぴり楽しくしてくれるところが魅力的。あなたも無印良品の新たな取り組みをきっかけに、環境やエコに小さなところから貢献してみませんか?

記事を作成・監修したマイスター

musubi

musubi

アンティーク、フリマ、リサイクル、ヴィンテージなど、リユース全般が大好きな主婦です。肩ひじ張らずに実践できるゆる~い倹約、時短家事など楽ちんライフハックを模索しています。

サスティナブルな暮らしを!身近にできることから始めよう

ツイートする ツイートする
TOP