ブランド品の感動買取ならエコリング

Column

エコな生活

文房具も脱プラスチックの時代!クリアファイルも紙製で環境配慮

2021.8.27

地球環境のために脱プラスチックが浸透しつつある今、文房具でもプラスチック削減が進んでいることをご存知でしょうか?最近では、とある生命保険会社が業務に使用するプラスチック製のクリアファイルを紙製のファイルに切り替えたニュースがちょっと話題となっています。

そこで今回は、脱プラスチックにも役立つ紙製文房具をご紹介。本来プラスチックだった身の回りの物を紙製に切り替えて、環境負荷の軽減に一役買ってみませんか。

紙製クリアファイルで気軽に脱プラ

まずはオフィスで使用する機会が多いクリアファイル。商談資料を入れて相手に渡したり、一時的に書類を保管したり、便利なこのファイルにも紙製のものが流通しています。紙製のファイルは鉛筆やペンで気軽にメモを書くことができるのも魅力。冒頭でご紹介したように企業レベルでプラスチック製から紙製にシフトしている例もあります。

大切な書類を保管するのに欠かせないファイルは「中身が見えるようにプラスチック製じゃないと」と思っている方も多いでしょう。ですが大丈夫!紙製ファイルは中身が見えないタイプばかりでなく、半透明タイプなども流通しています。

紙製ファイルはもちろん繰り返し何度も使用可能。100%紙製のファイルなら、破棄する際に中身が入ったままシュレッダーにかけることもできるので便利です。紙製ファイルの全てが100%紙製というわけではありませんが、プラスチックを少しでも削減できるという観点では環境に優しいアイテムといえるでしょう。

紙製のペンやシャープペンを使うという選択肢も

ペンやシャープペンシルにも紙製のアイテムが広がっています。紙製のペンやシャープペンシルは、本体の筒部分に紙の材料が使用されています。その中にインクやシャープペンシルの芯をリフィルして、繰り返し使用できるような仕組みになっています。

筒となっている部分は紙管とよばれ、製品によっては国産再生紙が使用されたアイテムも。紙製のペンやシャープペンシルは、分別しやすいよう中身の芯の取外しが簡単になっている製品がほとんどのため、捨てる際もエコです。

さらに、加工の際に使用される糊にはミルク成分のカゼインという天然接着剤が使用されている製品がほとんど。製造段階でも環境にやさしい材料の使用を心がけている製品には好感が持てますね。

紙製クリップで書類をスマートにひとまとめ

書類をひとまとめに束ねる際に重宝するクリップにも、紙製のものが登場しています。「ちゃんと用紙をとめられるの?」と不安に思う方もいるかもしれませんが、紙製のクリップでも強度は十分。数枚~15枚程度の紙をまとめることができます。

紙製クリップは、金属パーツがないので錆びないことに加え、そのままシュレッダーにかけられるメリットがあります。忙しいオフィスでは「破棄の際に用紙とクリップを分けるのが煩わしい…」と感じている方も少なくないはず。分別廃棄が不要なのは嬉しいポイントですね!

デザインも豊富でクリップの種類によってはクリップ自体に文字を書くことが可能な製品もあります。紙製クリップが気になる方は「DELP(デルプ)」や「TAK CLIP(タッククリップ)」といったアイテムを検索してみてくださいね。

まとめ

今回ご紹介した紙製の文房具は繰り返し何度も使用できるものばかり。使い捨てにせず、長く大事に使用しましょう。どうしても使用できなくなってしまったときは、分別廃棄を。紙製文房具は長く使用してこそ環境負荷軽減の価値が生まれます。

紙製の文房具はこれからもっと種類やバリエーションが増えていく予感。脱プラスチックに興味がある方はぜひ紙製文房具の使用も検討してみてくださいね。

記事を作成・監修したマイスター

kimmy

ISO14001内部監査員資格、高等学校教諭一種免許状(保健体育)

kimmy

ミニマルライフに憧れている転勤族ママです。常日頃から時間を見つけては断捨離に勤しんでいます!最近はサスティナビリティというワードが気になっています。

エコの観点から化粧品を見てみよう!私たちにできることとは?

ツイートする ツイートする
TOP