ブランド品の感動買取ならエコリング

Column

エコな生活

蛍光灯からCO2!?電気代だけじゃないLED照明で環境保護

2021.9.10

蛍光灯よりもLED照明の方が電気代がお得というのはよく耳にするお話かと思いますが、実は電気代だけでなく環境にも優しい事はご存知でしょうか?今回はそんなLED照明の環境的にもとってもエコであるメリットをご紹介。

一般的な蛍光灯と比べてCO2排出量が1/3

CO2は地球温暖化の原因の1つであるのは有名ですが実は何気なく使用している蛍光灯もCO2を排出しています。 そのCO2排出量がLED照明だと一般的な蛍光灯に比べて約1/3にも削減できます。

具体的に比較すると、40,000時間(約4年半)点灯し続けた場合、一般的な蛍光灯が約1,529kgCO2を排出するのに対しLED照明は約433kgしか排出しません。その差は約1,096kgになり、これは50年生育のスギの木約78本分の吸収量に相当します(1本あたり約14kgの吸収量)。

圧倒的な長寿命で廃棄量が段違い

通常、白熱電球の寿命は1,000~2,000時間、蛍光灯の寿命は6,000~12,000時間程度といわれています。 これに対してLED照明の寿命は4~6万時間とはるかに長く、4万時間というのは1日10時間の使用で10年以上もつ計算となります。

これだけ長寿命であれば廃棄量が減りますし、 しかも蛍光灯などに含まれる、水銀や鉛、カドミウムを使用していないため廃棄処理やリサイクルが容易に行え、環境に与える負担が極めて少ないのです。

実は人や物にも優しい

熱線や紫外線などの有害光線の放出が少なく、人体にも優しいのですが、衣類や絵画、宝飾品などデリケートな被照射物にも適した照明なのです。 また、虫を寄せ付けにくいとも言われています。人や物に優しいのも重要ですが虫が苦手な筆者にはとても大きなメリットかもしれません・・・。

まとめ

電気代だけじゃなくLED照明は環境にも人にも優しいエコなメリットがたくさんあります。 もし蛍光灯が使えなくなった時にはLED照明へ交換しようかな・・・と検討してみてはいかがでしょうか。

社員インタビュー エコリングの取り組み Vol.05:EC管理部 東川匡弘さん

ツイートする ツイートする
TOP