ブランド品の感動買取ならエコリング

Column

エコな生活
エコな生活

プラから紙に変わったもの、変わっていきそうなもの6選!

SDGs
サステナブル
脱プラ
にしたつ
2022.1.25

プラスチック問題を聞いたことがある方が多いと思いますが、私たちの生活へ影響があったもので印象的なのは、レジ袋有料化だと思います。

そもそものレジ袋有料化の発端はプラスチック問題の対策に国で決定されたものになりますが、国だけでなく各企業でも脱プラスチックに向けて様々な活動がされてます。

その中でも今回は、各企業がプラスチックから紙製に変更したもの、これから変わっていきそうなものを6つご紹介いたします。

ストロー

紙ストロー 参照:https://www.starbucks.co.jp/press_release/pr2021-4377.php

既に実施されている企業が多数ありますね。ニュースでも取り上げられたのは、

2020年にセブンイレブン、スターバックス、2022年にはマクドナルドの一部の店舗 等が有名でしょうか。

 

お菓子の外袋

UHA味覚糖 特濃ミルク8.2 参照:https://www.uha-mikakuto.co.jp/catalog/hardcandy/ca139.html

こちらも既に変更されているものが何個かありますね。筆者が近くのスーパーで見かけたのは、

UHA味覚糖 特濃ミルク8.2
ネスレ キットカット

等でした。「紙で出来ています」と書かれているパッケージを見ると環境問題に向き合っていると感じられますね。

 

ハンガー

紙ハンガー 参照:https://strawhanger.com/

実は紙ハンガーはすでに商品として存在しています。

針金ハンガーもプラスチックハンガーも処分に困りがちなのでこちらが浸透すれば環境へ大きな貢献になりそうです。

 

クリアファイル

紙製クリアファイル 参照:https://bungu.plus.co.jp/product/file/folders/paper_folder/

こちらも既に商品として存在しています。

しかも筆者が驚いたのは、なんと紙製なのに透けて内容が見えるものらしく文字通りクリアファイルとして使用できるそうです。

 

名刺

紙製 名刺 参照:https://www.heart-group.co.jp/visitingcard/eco/

名刺だけでなくあらゆるカード類で既にプラスチックから紙製に変わっているものがありますね。

コロナ禍の今後によっては紙ですらなくなり、web名刺というものが流行ったりするのかもしれませんね。

 

弁当、コーヒーなどの容器

紙製 弁当箱 参照:https://www.lawson.co.jp/company/news/detail/1388430_2504.html

弁当、コーヒー等で使用される容器が一部紙製のものに切り替えられています。

コンビニではファミリーマート、ローソン等で切り替えを開始されてますね。

 

結局は正しい処分が大事

以上がプラスチックから紙に変わったもの、変わっていきそうなもの6つでした。

紙製はコストが高くなりがちですが環境の為に切り替えていく企業の姿勢は私たち個人にも刺激になりますね。

ただ、どのような素材であっても正しく分別、処分してなければ効果は薄いので環境に向き合ってルールを守っていきたいですね。

他のにしたつ記事へ

記事を作成・監修したマイスター

にしたつ
ブログ勉強中のにしたつです。
へぇ~ や なるほど~ と思った事を投稿していきます
アイコンは息子が描いてます!

→ Twitterをフォロー ←
→ 他のにしたつ記事 ←

本棚にテレビ台に引き出し!?変幻自在のカラーボックスを知ってますか?

ツイートする ツイートする
TOP