ブランド品の感動買取ならエコリング

Column

エコな生活

【自粛疲れにも効果あり】笑いがもたらす健康効果は!?笑えば免疫力もアップする

2020.8.25

【自粛疲れにも効果あり】笑いがもたらす健康効果は!?笑えば免疫力もアップする

笑うことで免疫力がアップするってご存じですか?コロナ禍による自粛生活や忙しい仕事、ワンオペ育児…私たちの暮らしの中には、油断すると心がまいってしまいそうな出来事がたくさんあります。でも、そんなときだからこそ笑える余力が少しでも残っていたら大きな声を出して笑ってみませんか?笑うことがストレス解消につながったり、さまざまな病気の予防につながったりすることは、科学的にも立証されはじめています。今回は、笑うことで得られる健康効果や、笑うためのトレーニング法などご紹介。この記事が「なんだか疲れて元気でないな」なんてときに、少しでも楽しく過ごせるきっかけになりますように…。

笑って得られる健康効果は?

笑うことでさまざまな健康効果が得られます。一体どんな効果があるのでしょうか?

・免疫力アップ!
コロナウイルスの蔓延により、今まで以上に免疫力をアップすることが話題となっています。免疫力のアップには食生活の改善や生活習慣の改善などがあげられていますが「笑うことでも免疫力がアップする」と言われているんですよ。
健康な人の体でも1日3,000~5,000個ものがん細胞発生しているのだそう。そのがん細胞を退治してくれているのが、リンパ球の1種であるNK(ナチュラルキラー)細胞。人の体には約50億個ものNK細胞があるといわれていて、このNK細胞が笑うことで活性化されて免疫力のアップにつながるんです。
数人のがん患者さんにお笑いの舞台を鑑賞してもらい、笑う前後の血液検査をおこなったところ、ほとんどの人のNK細胞が活性化されていたのだそう。特に検査前に数値が低かった方の上昇率が高かったようですよ。
反対に、悲しみやストレスを感じるとNK細胞の働きは鈍くなって免疫力が低下してしまうこともあるのだとか。

・自律神経が整う
ストレスや過労など、さまざまな理由でバランスを崩してしまう自律神経。笑うと心がリラックスして自律神経が安定します。自律神経が安定すると血行が良くなったり、緊張がほぐれたりしてストレスの解消にもつながり、内臓の働きも良くなるといわれているんですよ。

・脳が活性化する
脳は、ストレスを受けていると緊張状態になって酸素が不足し、働きが鈍くなってしまいます。逆に笑ってリラックスしている状態のときは、たくさんの酸素が送り込まれて脳が活性化します。人の記憶をつかさどるといわれている海馬も笑うことで活性化され、記憶力や思考力のアップにつながるんですよ。

笑うためのトレーニング

笑うためのトレーニング

そうはいっても…何もないのに笑うことは難しいですよね。ここからは、顔の筋肉をほぐして笑いやすくなるためのトレーニング法をご紹介します。

・表情筋をほぐすトレーニング
人の顔には30種類以上の表情筋があります。この表情筋が、泣いたり笑ったり…といった人の表情を作っています。表情筋を鍛えることで表情が豊かになり、笑いやすくなるんです。表情筋のトレーニングは、小顔効果だって期待できますよ。
やり方はとってもカンタン!「あ・い・う・え・お」を大きく口を動かして5秒ずつそれぞれの表情をキープ。目線を上下左右に動かしたり、鼻の下を伸ばしてみたり…顔の筋肉を自由に動かしてみてください。
筆者は、マスクの下で下がりがちな口角を上げるために、食事を作っているときや仕事中など…ふと気が付いたときに動かすようにしています。マスクをしているときも見えないのを良いことに、口のまわりの筋肉を一生懸命動かしているときもしばしば。

・大笑いしてみる
かつて、「笑い袋」や「くすぐりエルモ」など、ただ笑っているだけのおもちゃが販売されて大ヒットしたことがありますが…“笑い”というのはつられてなんとなくおかしくなってくることもあるものです。誰かの笑いにつられて笑ってしまった経験はありませんか?何もないのに笑うのはすごく難しいかもしれませんが、試しに作り笑いでも良いので、お腹がよじれるほど笑ってみてください。
もちろん、大笑いできそうなお笑い番組や落語鑑賞などをして笑うのもOKです。大切なことはとにかく笑うこと。口角が下がっていたら、無理やりにでも口角を上げて笑顔を作るだけでも良いですよ。

健康以外の効果も

健康以外の効果も

笑うことで効果があるのは、健康面だけではありません。

・しわに笑いが関係する?
笑いすぎは、目尻のしわやほうれい線を増やしてしまうんじゃないの?と思っている方もいるかもしれません。でも、笑い過ぎが原因でしわができてしまうことはないのだそう。しわができる理由は、乾燥や老化によるものがほとんど。表情筋の衰えもほうれい線に関係しているようですよ。
大笑いして表情筋が鍛えられると顔の新陳代謝が高まり、ほうれい線や顔のたるみを予防することができるんですよ。

・表情が感情を作る
笑ったり泣いたり…表情が豊かな人ってなんだかとても素敵で魅力的に見えませんか?表情筋を鍛えたり、無理やりにでも笑顔を作ったりしていると、笑いやすくなるだけでなく、自然と表情が豊かになって、しわやたるみを予防することもできるんです。
表情はメンタルにも大きな影響を及ぼすといわれていて、表情が明るい人がうつやコミュニケーション障害になる確率はとても低いと、科学的にも証明されています。

笑いがもたらす健康効果について紹介しました。作り笑いでも良いので“いつも笑顔”を試しに実践してみませんか?気がついたら、心が明るくなってなんだか楽しい毎日を過ごせているかもしれません。それでも、なんとなく気持ちが晴れなくて、憂うつな気分が続くときは勇気を出して病院に行ってみることも大切です。しっかり治して、笑えるようになったときには、ぜひ笑いの実験を楽しんでみてくださいね。

色彩心理を知れば気分スッキリ!?コロナ疲れにおすすめカラーとは?

ツイートする ツイートする