ブランド品の感動買取ならエコリング

Column

エコな生活
エコな生活

マクドナルドが紙ストロー&木製カトラリー導入!「脱プラ」を加速

2022.1.22

大手ハンバーガーチェーンの日本マクドナルド株式会社が、2022年2月から、ストローを紙製、カトラリーを木製に順次切り替えると発表しました。また、ハッピーセットの素材についても、紙製やリサイクル素材を積極的に取り入れていく予定とのことです。今回は、これらの「脱プラスチック」への取り組みにより、どれくらいのプラスチック削減につながるのか、消費者側の生活は今までと比べてどのように変わるのかを解説します。

ストロー&カトラリー脱プラへ

日本マクドナルドでは、従来プラスチック製のカップで提供していたアイスコーヒーを紙コップでの提供に変更するなど、プラスチック製品への対策を進めてきました。世界的に脱プラスチックの風潮が高まる中、この度、2022年2月より横浜エリアの一部店舗にて、紙ストロー・木製カトラリー導入の開始を決定。日本マクドナルドでは、順次全国の店舗でも導入を検討する予定とのこと。全国的に紙ストローや木製カトラリーに切り替えた場合、1年間で約900tのプラスチック削減につながるとしています。

ハッピーセットのおもちゃも脱プラへ

日本マクドナルドでは、これまでもハッピーセットのおもちゃを回収して、店舗で使用するトレイに再生するリサイクル活動をしてきました。2020年に全国のマクドナルドの回収ボックスで回収されたハッピーセットのおもちゃの数は、約270万個(※)。プラスチック製おもちゃのリサイクル活動としては、国内最大規模です。
プラスチック製品のリサイクルを進めてきた日本マクドナルドですが、この度「脱プラ」への取り組みとして、ハッピーセットのおもちゃを、2025年までにリサイクル素材など環境へ配慮した素材に切り替えることを発表しました。この取り組みにより、2018年に比べて、化石資源由来の原料を使用したプラスチックの使用量を、約90%削減できるとしています。
2022年1月7日以降販売されるハッピーセットのおもちゃは、幼児の発達支援の専門家である、一般社団法人日本こども成育協会の沢井佳子理事が監修されることも発表されており、新素材と合わせて注目が集まっています。

※ 回収したおもちゃの総重量をハッピーセット®︎のおもちゃの平均重量で割り返した推測値(日本マクドナルド試算)

マクドナルドの地球環境への取り組み

ここまでは、日本マクドナルドが発表した新たな取り組みについてご紹介しました。同社ではこれまでにも地球環境に配慮した多くの取り組みを進めています。その一部をご紹介しましょう。
たとえば、食品リサイクルについての取り組みでは、店舗でフライドポテトなどを揚げている食用油は、主に鶏の資料としてリサイクルされています。そのリサイクル率は、全店舗でほぼ100%だとか。その他、兵庫県の対象店舗で回収した抽出済みのコーヒー豆は、工場でたい肥として再資源化されています。さらに、そのたい肥を使用して栽培されたレタスをマクドナルドの店舗で提供するという、循環型リサイクルの仕組みです。
紙袋やパッケージ、今後導入される予定の紙ストローや木製カトラリーの素材には、FSC認証材を使用しています。FSC認証とは、国際的な非営利団体であるFSC®(Forest Stewardship Council®:森林管理協議会)から、環境保全の観点から適切に管理されている森林やそれらを原材料に作られている製品に与えられる認証です。
このように、日本マクドナルドでは「脱プラ」だけでなく、さまざまな観点から環境への取り組みを行っています。

ますます加速するとみられる「脱プラ」への取り組み

今回は、日本マクドナルドが発表した新たな「脱プラ」への取り組みについてご紹介しました。日本政府は2022年1月14日、プラスチックごみ削減を目的とした「プラスチック資源循環法」にもとづく対象品目について閣議決定しており、その中にはストローやカトラリーも含まれています。それらを踏まえ、2022年4月1日の施行開始に向けて、飲食店等の「脱プラ」対策がますます加速するとみられるでしょう。

 

記事を作成・監修したマイスター

井手本亜希

マスターライフオーガナイザー®、整理収納アドバイザー1級、キッズ作文トレーナー

井手本亜希

元・汚部屋住人で片づけのプロ。 幾度となくリバウンドを繰り返したのち、思考と空間の整理のプロ「ライフオーガナイザー」になりました。 思い出大好きタイプで今でも家にモノは多いですが、とても快適な空間で暮らしています。 片づけられなかった経験や狭いアパート暮らしの工夫などを元に、暮らしに役立つエコ情報をお伝えしたいと思います。

プラゴミをコンパクトにするアイディア3選!1週間分のゴミが約半分に

ツイートする ツイートする
TOP