ブランド品の感動買取ならエコリング

Column

エコな生活
エコな生活

使用済みマスクをリサイクル!?驚きの取り組みと私たちにできること

2022.4.25

今や外出時に不可欠となったマスク。新型コロナウイルスが流行し、世界中でマスクを利用する人数が急増しています。一部には使い終わったマスクを道端に捨てる人もおり、落ちた不織布マスクを見かける機会が増えました。使用済みマスクに含まれるウイルスも心配ですが、今マスクのゴミによる環境汚染が問題になっています。環境汚染の問題を解決するために、世界ではさまざまな取り組みが実施されています。では、私たちが今すぐできることは何なのでしょうか?

コロナ禍において不織布マスクによる環境汚染が深刻化

新型コロナウイルスが流行し、不織布マスクのゴミが増加しています。燃えるゴミとして廃棄されますが、問題視されているのは海洋ゴミです。海洋ゴミの7~8割は道端に捨てられたゴミが河川を通って海に流れこんできたもの。コロナ禍以前からも海洋ゴミは問題視されていましたが、急増するマスクゴミがさらに環境汚染を深刻化させています。コロナ禍において感染予防効果の高いといわれている不織布マスクが手放せないシーンは多いですが、危機的状況は見過ごせません。

・不織布マスクの原料とは?
柔らかい素材の不織布マスクは、一見して燃えるゴミに見えます。しかし実際はプラスチックが原料なので、自然に分解されることはありません。劣化したマスクは細かなプラスチック片となって海を漂い、魚介類の体内に蓄積。魚介類を食べる人間への健康被害も懸念されます。

・世界中で捨てられているマスクの数は?
一体どれだけの数のマスクが捨てられているのでしょうか?香港の環境団体であるオーシャンズアジアの調査によると、2020年に世界中で約520億枚ものマスクが生産され、うち3%の約15億6,000万枚が海に流出したとされています。また、2021年の米国化学会の調査では、世界中で毎月約1,290億枚のマスクが使用されていると明らかにしました(2021年5月現在)。なかなか終息が見えないコロナ禍でマスクの使用数は減少せず、むしろ増えています。

マスクがテーブルに!?世界のマスクリサイクル事例とは?

深刻化するマスクのゴミ問題を受け、世界では廃棄マスクをリサイクルする方法を模索しています。
イギリスではマスクや防護服を圧縮機で溶かし、板材にリサイクルしたのち、テーブルやガーデンチェアに再利用しました。フランスでは自動車用のフロアマットに生まれ変わっています。オーストラリアでは、道路の舗装材として活用する方法を模索中。
ただ、いろいろな取り組みはされるものの、廃棄マスクのリサイクルは難しいのが現状です。防護服を着たスタッフによる分別作業、マスクの殺菌処理にかける時間、再利用できる原料の抽出など、多くの時間とコストがかかっています。現在も世界各国でマスクの再活用方法が模索されていますが、別の対策も考えていかなければなりません。

今すぐ私たちにできることは?

一筋縄にはいかないマスクのリサイクル事業。では、私たちに今すぐできることは何でしょうか?

・正しい捨て方を守る
プラスチックが原料の不織布マスクですが、衛生面の観点から可燃ゴミに出すことが推奨されています。またゴミ袋に捨てるときはしっかりと口を縛り、外に出ないように注意が必要です。

・環境にやさしいマスクを使う
一般的な不織布マスクよりも生分解性に優れたマスクがインドネシアで生産されています。ウイルスや細菌の侵入を防ぐ力も高いマスクで、日本でも販売されています。敏感肌の人にも使いやすい素材なので、試してみる価値がありますね。

・布マスクと不織布マスクを使い分ける
不織布マスクは感染予防の性能が高い一方、息がしづらいのが問題点です。通気性の点では布マスクが優れているため、普段の生活では布マスク、人混みでは不織布マスクを着けるなど、場所に応じて使い分けてみるのはいかがでしょうか?
バリエーションが豊富な布マスクは服やメイクとも合わせやすく、自分好みのものが選べます。洗濯すれば繰り返し使えるので、マスクゴミを減らすことにもつながりますよ。

まとめ

マスクゴミによって環境汚染が深刻化しているとは知らなかった方も多いのではないでしょうか。まだまだ先の見えないコロナ禍ですが、環境を守るために私たちにもすぐにできることがあります。マスクの捨て方や使い方を守って生活し、豊かな自然を守っていきましょう!

記事を作成・監修したマイスター

茨木彩菜

中学校国語教諭免許、高等学校国語教諭免許、日本語教員免許

茨木彩菜

元中学校教員の現役webライター。中学生にも分かりやすい文章で、身近なエコライフをお届けします。

【不用品寄付】エコトレーディングとワールドギフトはどう使い分ける?

ツイートする ツイートする
TOP