ブランド品の感動買取ならエコリング

Column

整理整頓

自宅に本があふれてない?本で収納場所が占拠されないための方法とは

2021.9.23

「気がつくと本が増えている」「収納場所が本だらけ」なんてことはありませんか?書店で気になる本があったり、話題の本を見つけたりすると、つい買ってしまう人も多いのではないでしょうか。

そこでこの記事では、いつの間にか増えてしまう本に注目しました。収納場所が本でパンパンになっている人に向けて、3つの方法を提案します。

本を読むことと本を大切にすること、さらには環境への配慮といった3点を考慮した方法です。すぐにできるものばかりなので、ぜひ参考にしてくださいね。

電子書籍を活用する

収納場所を本でいっぱいにしないために、電子書籍を利用してみてはいかがでしょうか。
電子書籍とは、スマホやタブレットなどの端末で読む書籍のこと。本の電子データを端末にダウンロードして読むため、本は読めますが実態の本は増えていきません。手元に本を増やさないことが、収納場所を本で占拠させない最も有効な方法でしょう。
実際に、本の収納場所に困ったことがきっかけとなり、電子書籍を利用しはじめた人も多いようです。

そんな電子書籍のメリットは、本の置き場所を取らないことだけではありません。
在庫切れの心配がないことや、紙の省資源化に役立つこと、すぐに購入して読めることも大きな特徴です。またスマホなどの端末で、通勤時間や待ち合わせ時間などのスキマ時間にも読めます。

一方で、表紙やデザイン性を楽しむにはイマイチという声も聞かれます。パラパラめくって読むという紙独特の雰囲気が好きという人にも、電子書籍は物足りないかもしれません。

とはいえ、すぐに本を読みたいときや書店に在庫がない本を読みたいとき、エコに貢献したいときには電子書籍が便利でしょう。気になる人は利用を検討してみてくださいね。

図書館を利用する

収納場所を本でいっぱいにしないための方法として、図書館を利用するのもよいでしょう。
図書館で借りた本は期限までは手元にありますが、その後は返さなくてはいけません。そのため、家の中に本が増える心配がないのです。

「期限があると読み切れないのでは?」と心配になる人もいるかもしれませんね。しかし実は、人は期限を設けると行動しやすいことが知られています。図書館で借りた本には返却期限があるため、その日までに本を読むという行動を起こしやすいのです。

他にも、図書館を利用することのメリットには、無料で利用できるということもあげられます。自治体や施設によって異なりますが、私の住んでいる地域では1人10冊、2週間まで無料で借りることができます。

また自分が普段手に取らないようなジャンルの本がたくさん所蔵されていることも、図書館の魅力。調べ物や新たな分野の本に出会いたいときにも便利です。

一方で、人気の本は予約待ちとなるため、新刊本や話題の本を読みたい人には不向きかもしれません。実際に私が以前予約した本は、1年以上経ってようやく順番が回ってきました。

この点を踏まえ、図書館では、にわかに興味をもった分野の本や絶版してしまった本などを借りるときに利用するのがオススメです。もちろん、なんとなく本を読みたい気分のときにふらっと立ち寄るといった利用の仕方も楽しいですよ。

本を購入し、読んだら売る

収納場所を本でいっぱいにしないためには、読んだ本を売る方法もあります。

新刊の本を購入し、一度読んだだけでその後は収納したままという人は意外と多いもの。新しい本をどんどん読みたいという人は「本を購入し、読んだら売る」といった流れで本を手放すと、収納場所を圧迫することがありません。本を読み返すことが少ない人や、一度読んだら満足する人にはオススメです。
読んでみて「手元に置いておきたい」と思ったら、売らずに保管しておくという選択ができるのもこの方法ならではでしょう。

この方法の最大のメリットは、人気の本や最新刊の本をすぐに読めること。しかし、本の種類や状態によっては高く売れなかったり、そもそも売値がつかなかったりする場合もあるでしょう。

とはいえ、人気の本やシリーズものは中古本の購入希望者も多いので、読んだら売るという方法で本を手放すのもオススメです。

まとめ

収納しきれない本が増えてくると、泣く泣く捨ててしまう人もいるのではないでしょうか。この記事で紹介したように本の読み方や飼い方を工夫すれば、本を楽しみながら部屋をすっきりさせられます。そうすればゴミも増えないし、環境にもよいですよね。本の収納場所にお困りの人は、ぜひここで紹介した方法を試してみてください。

 

記事を作成・監修したマイスター

Ricca

アロマセラピー検定1級、色彩検定2級

Ricca

なかなか物が捨てられない2児の母です。子供ができてから、エコに興味が湧いてきました。日々の生活に生かせるエコ情報を、楽しくお伝えしてきたいと思っています。

光熱費を年6万円節約!?便利な「うちエコ診断」って知ってる?

ツイートする ツイートする
TOP