ブランド品の感動買取ならエコリング

Column

整理整頓

不要なスポーツウェアはどうする?リサイクルボックスという選択肢も!

2020.9.25

不要なスポーツウェアはどうする?リサイクルボックスという選択肢も!

スポーツ好きさんにとって、スポーツウェアやアイテムは大切な相棒。大事に使用していたけど、ニューモデルを手に入れたからもう使わない。サイズアウトしてしまった。一式そろえてみたけど使わなかった。などの理由で使わなくなったスポーツグッズはみんなどうしているのでしょうか。捨ててしまうのは簡単ですが、それではもったいないですよね。今回は、「まだ使えるけどもう使わない」といった服を古着としてリユースする方法や、リサイクルボックスなどを活用してリサイクルに回す方法について紹介します。

【リユース】身近な人へあげる?リサイクルショップで引き取ってもらう?

【リユース】身近な人へあげる?リサイクルショップで引き取ってもらう?

まだ使える服や靴などのスポーツグッズを手放す場合、まずは個人で引き取り手を探す!という人が多いでしょう。
・同じスポーツをしている知人や後輩にあげる
・フリマサイトで販売する
といった方法がありますね。
おすすめはフリマサイトで販売する方法。中古でもまだ使えるスポーツグッズに価値を見出し、対価を払ってでも欲しい、と思ってくれる人はきっと購入後もそのアイテムを大事にしてくれます。自分の納得がいく価格で出品できるので、販売後に満足感を得ることもできるでしょう。
「販売するのはちょっと難しそう」「売れるかどうか心配」という人は、使ってくれそうな仲間にあげるというのも◎です。
「個人で販売するのはちょっと…」「身近にもらってくれる人がいない」という場合は、中古品として買い取ってもらう方法もありますよ。スポーツウェアを扱う古着屋やリサイクルショップに相談してみましょう。買い取りの場合、価格は査定により決まります。
店舗に持ち込む時間がない人は、宅配買い取りに対応している業者を選ぶのがおすすめ。ウェアを送るだけで査定をして、買い取ってもらうことができます。宅配用のキットを送付してくれる業者を選べば包材を用意する手間も省けますよ。

【リユース】海外へ支援している団体を通して寄付するという方法もあり

スポーツウェアは、「人にあげる」「販売する」といった方法以外に「寄付する」という選択肢もあります。 古着となった服や使わないスポーツアイテムを回収し、国内施設や発展途上国で必要としている人の手に渡るよう手配をしてくれる業者や団体があるんです!
方法は簡単で、事前に査定などはなく、基本的に業者や団体へ宅配便で送るだけなのでシンプル。極端に汚れている、修理が必要、そのようなもの以外は受け取ってもらえるでしょう。
自分では不要な物でも誰かのためになるなんて素敵ですね。こうしたリユースを促進してくれる業者や団体はインターネットで探すことができますよ。

【リサイクル】ウェアを新しい素材に生まれ変わらせるという選択肢も!

【リサイクル】ウェアを新しい素材に生まれ変わらせるという選択肢も!

ウェアやグッズをリサイクル素材として回収している企業もあります。スポーツファンなら誰もが知る『adidas(アディダス)』のリサイクルへの取り組みがその一例!詳しく紹介していきましょう。
アディダスでは「TAKE BACK PROGRAM」という取り組みで、使用しなくなったウェアやシューズのリサイクルを促進しています。国内の直営店とadidas RUNBASEの合計15か所に「Collectors box(コレクターズ・ボックス)」というリサイクルボックスがあり、そこへアイテム入れるとアディダスのパートナー団体の手に渡り、素材やエネルギー源としてリサイクルしてくれるんです。
この活動の注目ポイントは、回収はアディダス製品に限らないというところ。ほかのブランドやメーカーのアイテムもOKです。回収可能店舗が身近にある人は、買い物などのついでに立ち寄るのもいいですね。

使わなくなったスポーツウェアやアイテムは、人にあげるほかに中古として販売する、寄付する、といった方法でリユースを促進できます。リサイクルボックスがあるメーカーではリサイクルも可能なので、捨ててしまう前に一度考えてみてくださいね。
また、「サスティナブルなものを選ぶ」ことは今やトレンドです。次にスポーツウェアを新しく購入する際は、リサイクル素材やサスティナブルな素材のものを選んでみてはいかがでしょうか?

FPおすすめのスマホ代節約術!格安SIMに変えたら通信費が大幅カットできるかも!?

ツイートする ツイートする