ブランド品の感動買取ならエコリング

Column

整理整頓

年末はおもちゃの断捨離シーズン!新旧をエコに入れ替えてスッキリ

2020.12.18

20201218_5_1

子どもがいる家庭では、クリスマスや年末年始は新しいおもちゃの購入機会が多いタイミング。新しいおもちゃが一気に増えて、おもちゃ箱に入りきらない……なんてことはありませんか。新しいおもちゃを迎えたら、忘れてはいけないのが使わなくなったおもちゃの整理。せっかくなら年末の大掃除にあわせておもちゃも断捨離し、家の中をスッキリお掃除しちゃいましょう!使わなくなったおもちゃのエコな整理テクを紹介します。大掃除前にぜひチェック!

使わないならユーズドとして販売or寄付!

必要なおもちゃと使わないおもちゃを分別したら、まず検討したいのが、使わないおもちゃを誰かに使ってもらうという方法です。「捨てるのはちょっと……」と気持ちが揺らいで断捨離できない物も、「誰かに使ってもらえる」と思えば手放す勇気が出ませんか?

・身近なリサイクルショップやおもちゃ専門買い取り業者に買い取りを依頼
ゲーム機やブランドのおもちゃは、状態が良ければユーズドとしてリサイクルショップで買い取ってもらうことが可能です。おもちゃに特化した専門買い取り業者であれば、幅広いメーカーのおもちゃの買い取りを期待できますよ。希少なフィギュアなどは鑑定して高額で買い取ってくれる業者もあるので、売りたいおもちゃに合わせて買い取り業者を選定しましょう。購入した際の外箱や保証書などは保管しておくのが吉です。宅配で買い取りを行っている業者もあるので、うまく活用するとよいでしょう。

・フリマサイトに出品する
こだわりのおもちゃや、販売するなら自分で価格を決めたい、といったアイテムはフリマサイトで出品するという手段もあります。ショップに持ち込む、査定を依頼するなどの手間がなく、自分の納得いく価格で販売できる点がメリットです。リサイクルショップで買い取ってもらえなかったおもちゃがフリマサイトで売れた!というケースもあるようですよ。

・おもちゃをリユースしてくれる団体に寄付
値がつくかどうかわからない、売るのはちょっと良心が痛む……そんなおもちゃは、日本や海外のおもちゃを必要としているところに、おもちゃを届けてくれる団体へ寄付するという選択肢もあります。直接団体へおもちゃを持ち込んだり、箱に入れて送付したり、受け取ってもらう方法は団体により異なるので事前に確認しましょう。状態が良く、できるだけきれいなものを送るように心がけてくださいね。

ハッピーセットのおもちゃは店頭リサイクルBOXへ!

20201218_5_3

小さな子どもがいる家庭では、マクドナルドのハッピーセットのおもちゃが家に溢れている……というケースもあるのではないでしょうか?気づいたら増えているおまけのおもちゃ。「売るわけにもいかず増える一方」「定期的に断捨離して捨てている」といった声をよく聞きます。
ですがハッピーセットのおもちゃは、そのまま捨ててしまってはもったいない!マクドナルドの店舗内にあるおもちゃリサイクルBOXに持ち込めば、実はリサイクルしてもらえるんです。ハッピーセットのおもちゃは資源になり、プラスチック素材は店内で使用するトレーへと生まれ変わります。
この冬は2020年12月4日(金)~2021年1月21日(木)の期間で店舗内におもちゃリサイクルBOXが登場しているので、ハッピーセットのおもちゃが溜まっている、という人はぜひ持ち込んでみてくださいね。今回のタイミングを逃しても、おもちゃリサイクルBOXは定期的に店頭に登場するのでご安心を。

購入するならエコな素材のおもちゃに注目しよう

20201218_5_2

使わなくなったおもちゃは断捨離で捨ててしまう前にリユースしたり、リサイクルしたり、さまざまな方法で再び命を吹き込むことができます。せっかくなら、ユーズドのおもちゃを購入したり、リサイクル素材や環境に配慮された素材のおもちゃを選んだりして、リユースやリサイクルに貢献しませんか?
近年では、リサイクルされた素材である「再生プラスチック」を材料の一部として使用しているおもちゃや、環境にやさしい植物由来プラスチックを使用したおもちゃも流通していますよ。

まとめ

新しいおもちゃを購入したら、使わなくなったおもちゃは断捨離して、フレッシュローテーションさせながらスッキリと暮らしましょう。その際、おもちゃを捨ててしまうのは最終手段です。まずは誰かに再び使ってもらえる方法を考えてみてくださいね。おもちゃのエコ化も徐々に広まっているので、新しいおもちゃを購入する際は素材にもこだわって検討してみてはいかがでしょうか。

記事を作成・監修したマイスター

kimmy

ISO14001内部監査員資格、高等学校教諭一種免許状(保健体育)

kimmy

ミニマルライフに憧れている転勤族ママです。常日頃から時間を見つけては断捨離に勤しんでいます!最近はサスティナビリティというワードが気になっています。

「2050年までに温室効果ガス排出量実質ゼロ」ってどうやるの?

ツイートする ツイートする
TOP