ブランド品の感動買取ならエコリング

Column

整理整頓
整理整頓

服の整理から始める終活とは?選択ポイント7選

2022.12.29

ある程度の年齢になると、終活というワードを耳する機会が増え意識し始める方は少なくありません。
単なる断捨離ではなく、終活も兼ねてとなると財産や人間関係まで広がるため、労力を要するものでもあります。
大事な人やこれからの自分自身を瑞々しく生き生きと過ごすために、まずは服の整理からはじめてみませんか?この記事では取り掛かりやすい服の整理について説明します。
必要な服だけを選びなおして、おしゃれも新たに楽しんでいきましょう。

終活は服の整理から

「終活」と聞くと死期が近いと感じたタイミングで行うイメージがあります。
まだまだ元気だから考えるのは早いと考える人も多いかもしれませんが、自分自身で考え動ける今だからこそ済ませておくのがベターです。体力の衰えで思ったように動けない、不慮の不幸があった等、先延ばしした分だけ家族に迷惑をかけてしまう可能性があります。
今のライフスタイルが今後も続くとは限らないので、少しずつでも取り組んでいくことをおすすめします。

服を手放す基準

今後の人生を豊かに楽しむためには服の整理は重要です。一昔前に流行した服やブランド品など、着ずに眠ったままのものがあれば、整理・処分を進めてみましょう。コーディネートが楽になります。
終活に向けて普段身に着ける機会が少ない服の断捨離をはじめてみましょう。ここでは、服を手放すときの基準を説明します。

■服を手放す基準

外出する際、着ようと思っていても「また今度」と言い続け着ていない服はありませんか?そのような服があれば処分対象となります。
いつか着るかも、高かったから残しておきたい等々理由はありますが、着てない=不要という図式がなりたってしまいます。それでも悩む方はきちんと袖を通してみましょう。今の自分に似合うか否かで判断して整理を進めてみましょう。

■ライフスタイルが異なった服

結婚や転職、子供が独り立ちなどでライフスタイルがガラッと変わる時があります。そのタイミングを見逃して残っている衣類は整理対象となります。
今やこれからの生活にフィットするアイテムだけをキープすることで、ゆとりのある収納ができます。

■年齢に適さない・トレンドが終わった服

気持ちはまだまだ着れる!なんて思っていても周りの目はそのように評価してくれるケースは稀です。
またトレンドアイテムも、また周期が来ればと考えられるかと思いますが、そのころには細部のデザインが異なるケースが多いので、合わせて着用したつもりがズレているなんてケースも。
その時の年齢とトレンドを把握したうえで、しっかり着れる服を残していくとよいでしょう。

服の収納のコツ

捨てる服が決まったら今度は残った服をしっかりと管理していきたいですね。せっかく整理したクローゼットやタンスが瞬く間に元通り…なんてならないように出し入れしやすい服を収納術をご紹介します。
すっきりを維持することで、軽やかな気持ちも長続きし、今まで以上におしゃれを楽しめるようなるでしょう

■収納スペースの容量を把握する

現在使用しているクローゼットやタンスの容量を確認してみましょう。服が多くて困ってる、なんて方はこのキャパシティ以上に服を詰め込んでいるケースが見受けられます。
どれだけの衣類を収納できるかで整理する量も変わってきます。しかし、この容量いっぱいに服を残すのもおすすめはしません。
取り出す作業にひと手間増える上、整理した衣類がごちゃついてしまうことも考えられます。目安は7〜8割とし、服の間にゆとりを持たせるようにしてください。また、増やした分はしっかりと着ていない服を処分する意識もお忘れなく。

■選びやすい工夫を考える

衣類は煩雑に収納するのではなく、アイテムごとや季節ごとに分けると良いでしょう。自分の中でカテゴリ分けすることで、選びやすい環境が整います。
また、タンスや衣類ケースの収納は、立てて収納するようにしてみましょう。上からの目線で縦に並ぶので服が選びやすくなり時間短縮にも繋がっていきます。

終活における衣類の整理方法

いざ処分する服が決まったとき、すべて捨てると感がると非常にもったいない!少しでもお得にするのであれば、買取してもらえる方法を探してみましょう。

■買取店舗へ持ち込み

リサイクルショップや古着屋に直接持っていく方法です。またお店によっては出張買取や宅配便を使った買取方法があります。
ブランド品であったりする場合は、きちんと評価してもらえる専門店に持ち込む方が査定額がアップする可能性があります。

■フリマイベント・アプリの使用

フリーマーケットやフリマアプリはお店で値段が付きにくいお品物を売買できるので、大量のアイテムをお持ちの場合はおすすめです。
ただ、値付けや発送などは自分でやらなくてはいけないため手間がかかってしまうのが難点になります。

■慈善団体へ寄付する

最近では貧困国に衣類を送るサービスが様々な慈善団体や企業で取り組みが進んでいます。
金銭面ではないところを重視したい方はこちらが良いかもしれません。送れる衣類については条件があるので申し込む際は注意が必要になります。

服の収納にゆとりを持たせてこれからの人生を楽しもう

服の乱れは心の乱れ、なんて言葉もあるように今着ている服だけでなく、収納スペースも同じように綺麗だと心が晴れやかになりスッキリとおしゃれを楽しむことができます。
元気なうちに服の整理習慣を身に着けて、ゆとりある今後の人生を歩んでいきましょう

着なくなった服は売って
お得に変えてみよう!

断捨離で出た服の処分にお困りではございませんか?それゴミするのは勿体ないです。エコリングでは不要になった服をはじめ、バッグ、靴、アクセサリー類などなんでもお買取りさせていただきます。 一度買取できるか?いくらになるかご相談してみませんか?

エコリングではLINEで簡単に買取相談ができます。ぜひ一度ご相談ください。

LINEで買取相談する

50代の物を減らすポイントは「楽して綺麗」

ツイートする ツイートする
TOP